• ホーム
  • 映画
  • 吉永小百合、転倒して左手首骨折「体づくり頑張ります」

吉永小百合、転倒して左手首骨折「体づくり頑張ります」

 女優の吉永小百合(70)が、2月20日に仕事で訪れた地方で転倒し、左手首を骨折していたことが4日、わかった。この日、都内で行われた『第39回日本アカデミー賞』の授賞式にギプスをつけて登場した。関係者によると、雪国の坂道で転倒して左手首の橈骨(とうこつ)を骨折。2月22日に手術を行い、数日後に退院してからは授賞式に備えて静養しており、「頑張って治します」と話しているという。

【写真】その他の写真を見る


 司会の西田敏行(68)も自宅でベッドから転落して頸椎を亜脱臼しており、吉永は「西田さんが痛んでいるので、私も痛みを分かち合いたいと思って。滑って転んで手首を骨折してしまいまして、ごめんなさい」とジョークを交えて説明。全治の日数などは明かされなかったが、関係者によると「油断したから、気合入れて体づくり頑張ります」と前向きにコメントをしている。

 吉永は『母と暮せば』(山田洋次監督)で優秀主演女優を受賞。役作りのために息子を演じた嵐・二宮和也(32)の幼少期の写真を借りたといい、「本当にかわいいんですよ。いつも机に並べて、私はこの子を育てたんだって思っていました」と振り返っていた。



関連写真

  • 『第39回日本アカデミー賞』の授賞式で左手首骨折を報告した吉永小百合 (C)ORICON NewS inc.
  • 樹木希林に手をひかれて登壇 (C)ORICON NewS inc.
  • 授賞式の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第39回日本アカデミー賞』新人俳優賞を受賞した有村架純 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第39回日本アカデミー賞』授賞式に出席した綾瀬はるか (C)ORICON NewS inc.
  • 『第39回日本アカデミー賞』最優秀作品賞を受賞した映画『海街diary』4姉妹(左から)夏帆、綾瀬はるか、長澤まさみ、広瀬すず (C)ORICON NewS inc.
  • 『第39回日本アカデミー賞』最優秀主演女優賞を受賞した安藤サクラ (C)ORICON NewS inc.
  • 『第39回日本アカデミー賞』最優秀主演女優賞を受賞した安藤サクラ (C)ORICON NewS inc.
  • 『第39回日本アカデミー賞』新人俳優賞を受賞した広瀬すず (C)ORICON NewS inc.
  • 『第39回日本アカデミー賞』最優秀助演女優賞を受賞した黒木華 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第39回日本アカデミー賞』最優秀助演女優賞を受賞した黒木華 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第39回日本アカデミー賞』最優秀助演男優賞を受賞した本木雅弘 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス