• ホーム
  • 芸能
  • 東出昌大、ドラマ初主演 天才ピアニスト役のため猛特訓

東出昌大、ドラマ初主演 天才ピアニスト役のため猛特訓

 俳優・東出昌大が日本テレビ系で今春放送される金曜ロードSHOW!特別ドラマ企画『さよならドビュッシー 〜ピアニスト探偵 岬洋介〜』で主演を務めることが27日、わかった。同作でテレビドラマ初主演を飾る東出は、先日、妻で女優のが双子妊娠を発表したばかりとあって、公私ともに絶好調。このほど、ヒロインに抜てきされた若手女優・黒島結菜とともに、クランクインを前に同作に対する熱い意気込みを語った。

【写真】その他の写真を見る


 中山七里氏による累計93万部の『岬洋介』シリーズの第一作で、第8回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作をドラマ化。2013年には橋本愛主演で映画化もされた。天才ピアニストであり元検事の探偵という2つの顔をもつ男・岬洋介を演じる東出は、黒島とともにピアノを猛特訓中。初心者であるため、楽譜の読み方、記号の意味など自宅でも電子ピアノを使ってイチから叩き込んでいるという。

 「黒島さんとは今回、お芝居をするのが初めてなのですが、手に手を取り合ってというよりはお互い戦いだと思っています。クラシック(音楽)は、優雅で、そういう戦いとは真逆にあると思うのですが、プロになることの大変さ、人生をかけるということがどれほど大変なのか、“戦い”の部分を強く演じられればと思います」と気合十分。

 難易度の高い演奏にも「練習することが無駄になることは1つもないし、これだけ大変なんだ、難しいんだということも必ず役に生きてくると思うので、できるだけ準備はして、お芝居のことを考えて、バランスをとりながらやっていきたいです。正直に精一杯やろうと思っています」と前向きに明かした。

 一方、黒島が演じるのは火災で大火傷を負いながらも、岬の教えのもと、ピアニストを目指す女子高生・真田遥。師弟関係となる東出との共演を「現場でも遠慮なくぶつかってきてくださると思うので、その時生まれた感情・言葉を楽しみたい」と心待ちにした。

 東出・黒島以外にも、岬の人間的魅力にいち早く気づき、サポートしていく大富豪・香月玄太郎役に北大路欣也や、武田真治、木の実ナナ、菊池桃子、キムラ緑子などが脇を固める。東出は「まだ撮影前なのですが、原作と本は間違いがないので、そこをいかに皆で厚くしていけるか、音楽、芸術、人生の叫びを出していけるかだと思うので、ただただ頑張りたいと思います」と全力投球を誓った。



関連写真

  • 金曜ロードSHOW! 特別ドラマ企画2016年春放送『さよならドビュッシー〜ピアニスト探偵 岬洋介〜』 (C)日本テレビ
  • 金曜ロードSHOW! 特別ドラマ企画2016年春放送『さよならドビュッシー〜ピアニスト探偵 岬洋介〜』 (C)日本テレビ
  • 金曜ロードSHOW! 特別ドラマ企画2016年春放送『さよならドビュッシー〜ピアニスト探偵 岬洋介〜』 に出演する北大路欣也

オリコントピックス