• ホーム
  • 映画
  • 『白鳥麗子でございます!』20年ぶり映像化 三代目に河北麻友子を抜てき

『白鳥麗子でございます!』20年ぶり映像化 三代目に河北麻友子を抜てき

 1989年(TBS)、93年(フジテレビ)に2度ドラマ化され、95年には映画化された鈴木由美子氏の漫画原作『白鳥麗子でございます!』が、20年ぶりにテレビドラマ化&映画化される。鈴木保奈美松雪泰子に続く三代目・白鳥麗子を演じるのは女優・モデルの河北麻友子。来年1月からtvk、テレ玉、チバテレ、メ〜テレ、KBS京都、サンテレビ、KBC、九州朝日放送でテレビ放送開始。来年中に劇場公開が予定されている。

【写真】その他の写真を見る


 米ニューヨーク育ちで、“リアル”お嬢さまの呼び名も高い河北が、究極のお嬢さまを超ハイテンションで演じる。「出演のオファーをいただいた時、とにかくうれしかったです。白鳥麗子の代名詞である“おーほほほほほほ!”をいろんなパターンで準備しているんですよ。いろいろな心境によって使い分けられたらいいなーと思っています!」とノリノリだ。

 役作りについて河北は「白鳥麗子を素直に演じたいな、その中でピュアな麗子が見えたらいいなーと思っています!」と語り、「私らしい新たな白鳥麗子を見ていただいて、さらに『白鳥麗子でございます!』を好きになっていただけるように一生懸命頑張りますので、応援よろしくお願いいたします!」と意気込んでいる。

 麗子が片想いする秋本哲也役を演じるのは、2010年に結成された東海エリア出身・在住のメンバーで構成された男性ユニット、BOYS AND MENのリーダー、水野勝。「哲也や麗子さんのコメディーが故の??な行動をどう面白く演じられるか、撮影に入る前に監督ともじっくり話し合いをしてのぞみました。哲也と麗子さんの、いろんな人を巻き込んだ、好き過ぎるからこその“ドタバタ劇”を楽しんでください!」とコメントを寄せている。

 BOYS AND MENからは、田村侑久、辻本達規、田中俊介、吉原雅斗、小林豊(映画版のみ)の出演も決定。ユニットとして、主題歌・エンディングテーマも担当する。



関連写真

  • 鈴木由美子氏の漫画『白鳥麗子でございます!』(講談社『Kiss』所載)が20年ぶりに映像化。三代目・白鳥麗子役に河北麻友子が決定(C)鈴木由美子/講談社 (C)2016「白鳥麗子でございます!」製作委員会
  • BOYS AND MENが主題歌・エンディングテーマ曲を担当。メンバーのドラマ出演も決定。(上段左から)水野勝、田村侑久、辻本達規(下段左から)田中俊介、吉原雅斗、小林豊
  • 20年ぶりにドラマ化&映画化される『白鳥麗子でございます!』主題歌・エンディングテーマ曲を担当するBOYS AND MEN
  • 鈴木由美子氏の漫画『白鳥麗子でございます!』(講談社『Kiss』所載)が20年ぶりに映像化。三代目・白鳥麗子役に河北麻友子が決定(C)鈴木由美子/講談社 (C)2016「白鳥麗子でございます!」製作委員会
  • 20年ぶりに映像化される鈴木由美子氏の漫画『白鳥麗子でございます!』(講談社『Kiss』所載)(C)鈴木由美子/講談社

オリコントピックス