女子ソフト上野由岐子&山本優、乃木坂46主演ドラマに参戦

 アイドルグループ・乃木坂46主演のテレビ東京系ドラマ24『初森ベマーズ』(10日スタート、毎週金曜 深0:12)に、女子ソフトボール日本代表のエース・上野由岐子投手、キャプテン・山本優選手が本人役でゲスト出演することが9日、わかった。8月28日放送の第8話に登場する。

 同作は、乃木坂46のメンバーが総出演するスポ根青春ドラマ。さびれた下町に住む少女たちが思い出の公園を守るため、経験のないメンバーだけでソフトボールチームを結成し、超強豪に挑むストーリーを展開する。

 魔球を身につけたいななまる(西野七瀬)に、四蝋投(すうろうとう)と呼ばれる魔球を上野選手が教えるという設定。上野投手はこれまでも、映画で演技に挑戦したことがあったが、山本選手とともに撮影に入る前から緊張の面持ち。

 それでも、監督からの指示に的確に応え、撮影終了後は「楽しくできたのですごい良かったてす」(上野)、「わからないことだらけだったのですが、緊張しながらも楽しくやらせていただきました」(山本)と達成感をにじませた。

 西野のピッチングを見た上野投手は「フォームに癖が無くてキレイに腕が回っていたので、ちょっとビックリしました」と太鼓判を押したが、予想外の高評価を受けた西野は「もうそんな、とんでもない!」と恐縮しきり。実際の上野投手のピッチングを見た西野と高山一実は「球がすごく速い…」「プロの技をこんなに間近で見られるなんて!」と興奮していた。

 ソフトボールを題材にした同作の放送に、上野投手と山本選手は「みんなにソフトボールに興味を持ってもらえるチャンス。そのドラマにこうして自分たちが参加できることは意義深い」と喜んでいた。

 きょうの初回放送直前には、同局系『ネオスポ』(後11:58〜)に、西野と松村沙友理が生出演し、キャスターに初挑戦する。



関連写真

  • テレビ東京系ドラマ24『初森ベマーズ』で共演する(左から)高山一実、上野由岐子、山本優、西野七瀬  (C)「初森ベマーズ」製作委員会
  • 上野投手は西野のピッチングを絶賛  (C)「初森ベマーズ」製作委員会

オリコントピックス