• ホーム
  • 音楽
  • 『ど根性ガエル』OPテーマを松ケン、満島ひかり、前田敦子ら10人で大合唱

『ど根性ガエル』OPテーマを松ケン、満島ひかり、前田敦子ら10人で大合唱

 7月11日より放送開始する日本テレビ系連続ドラマ『ど根性ガエル』(毎週土曜 後9:00)のオープニングテーマを主人公・ひろし役の松山ケンイチをはじめとするレギュラーキャスト10人で歌唱していることが25日、わかった。1972年にスタートしたアニメで親しまれたテーマ曲「ど根性ガエル」をピョン吉役の満島ひかり、ヒロイン・京子ちゃん役の前田敦子ほか、勝地涼、新井浩文、薬師丸ひろ子、光石研、白石加代子、白羽ゆり、でんでんらによる大合唱で復活する。

 言わずと知れた大人気漫画を実写化する同ドラマでは原作から16年後を描いており、14歳だったひろしが30歳に。すっかりダメ人間となってしまったひろしだが、ピョン吉のある異変をきっかけに人生をやりなおそうとするというストーリー。最新技術で動き出すピョン吉の姿も見どころとなっている。

 またエンディングテーマで主題歌には、ザ・クロマニヨンズの新曲「エルビス(仮)」(9月9日発売)を起用。切なくも疾走感あふれるロックンロールナンバーとなっており、河野英裕プロデューサーは「ザ・クロマニヨンズのロックンロールが、土曜の夜に、日本中に、テレビの中から鳴り響く。想像しただけで、それだけで夢のようで。『エルビス(仮)』最高です」と喜びのコメントを寄せている。

 26日よりオープニング曲の大合唱をバックにした、ドラマの本編映像が公式サイトにて解禁。河野プロデューサーは「それぞれの個性がぶつかり合い、楽しすぎるオープニング曲が完成しました。誰がどこを、どう歌っているか注目して、オンエアを見て聞いて欲しいです」と呼びかけている。



オリコントピックス