• ホーム
  • 映画
  • RADWIMPS野田洋次郎主演『トイレのピエタ』ヒロインは杉咲花 決め手は“即興芝居”

RADWIMPS野田洋次郎主演『トイレのピエタ』ヒロインは杉咲花 決め手は“即興芝居”

 ロックバンド・RADWIMPSのボーカル野田洋次郎が初主演を務める映画『トイレのピエタ』の公開が6月6日に決まり、新たに追加キャストが発表された。野田演じる主人公と出会うヒロインには、情報雑誌『日経トレンディ』で「2015年注目の顔」に選出された女優・杉咲花が起用された。

 本作は、性同一性障害の現代アーティストを追ったドキュメンタリー映画『ピュ〜ぴる』を手がけた映画監督・松永大司氏の劇場長編初監督作品。『鉄腕アトム』『火の鳥』など数々の傑作を生み出した漫画家・手塚治虫さんが亡くなる直前まで綴っていた病床日記にヒントを得て、完全オリジナルストーリーで脚本化した。

 美大を卒業後、窓拭きのアルバイトで生計を立て何となく生きていた宏(野田)は、ある日、余命3ヶ月を宣告される。迫りくる死への恐怖のなか、女子高生・真衣と出会いその強さに惹かれていく。

 宏と最期の夏を共に過ごす真衣を杉咲、宏の入院仲間で女好きな横田を脚本に惚れ込み出演を快諾したリリー・フランキー、宏の元恋人・尾崎を市川紗椰が演じるほか、MEGUMI、岩松了らが脇を固める。

 野田は、出演を決めた理由について「脚本が素晴らしかった。それに尽きます。そしてその脚本を書いた監督が僕を選んだのならきっと意味があるのだろう、そう信じてやらせていただきました」と使命感をにじませ、「自分の理性や思考を超えた何かに、圧倒的な力でぶん回される感覚が好きです。この作品にはそんな力が目一杯詰まっているのだと思います。何か奇跡が起こるのなら、その場面に遭遇しない手はない、と」と作品の魅力を伝えている。

 オーディションを経てヒロインに決まった杉崎は「リハーサルのときから、洋次郎さんは宏でした。その反対に真衣をつかめなかった私はすごく焦ったのを覚えています。嘘がない真っ直ぐに宏を演じた洋次郎さん、すごかったです。洋次郎さんがずっと宏でいてくれたから、私も真衣でいられました」と感謝を振り返った。

 同作のプロデューサーを務める甘木モリオ氏と小川真司氏は、杉崎の決め手について「野田さんとの即興芝居だった。その場にいた野田さんにいきなり即興芝居の相手をお願いしたところ、野田さんの潜在能力が杉咲さんの芝居によって覚醒する瞬間を目撃できたこと。もちろん杉咲さん自身の天性の演技力にも惹かれた」と明かしている。



関連写真

  • RADWIMPS野田洋次郎主演映画『トイレのピエタ』に出演する(左から)杉咲花、リリー・フランキー、市川紗椰
  • RADWIMPSの野田洋次郎(C) 2015 「トイレのピエタ」製作委員会

オリコントピックス