ORICON STYLE

2010年10月13日
私だけの曲ではない
舞花

――この曲は、映画主題歌のお話があってから作られたのですか?
【舞花】 はい。私は今まで自分の気持ちだけで楽曲を作っていたので、何か既存のものをテーマに曲を作るのが初めての経験だったんです。だからこそ、不安もあったんですが、自分にとっていい経験になるだろうと思い、作らせていただきました。


――映画ありきで楽曲をつくるからこそ大切にしたこととは、どんなことですか?
【舞花】 こだわり過ぎない、ということですかね。この曲は最初から私だけの曲ではないので、監督の意見も採り入れつつ、作品に寄り添って楽曲を作るように心がけました。


――舞花さんが楽曲に取り入れたかったことはどんなことでしたか?
【舞花】 愛の形です。この映画での主人公のふたりは、身分や立場を越えて、心の声だけに従って相手を求めようとするんです。それってすごく大切なこと。それに、彼らを取り巻く人たちの愛情表現の仕方もとても美しくて、まっすぐなんです。その時代だったから結ばれない運命だったとしても、一生懸命その瞬間を生きようとするふたりの姿を歌詞として残したかったんですよね。

初挑戦でいろいろな発見
舞花舞花

――サウンドは今回、舞花さんのものではないんですね。これも初挑戦ですよね。
【舞花】 そうなんです。元CORE OF SOULのソン・ルイさんが書いてくれたんですが、もともと仲がよくて、私に歌ってほしいとプレゼントしてくれていた曲なんです。この曲をもらって、すぐに今とは違う歌詞を書いて軽い気持ちでレコーディングしたんですね。偶然聞いた私の声に監督がひっかかってくださって、さらにこの曲を気に入ってくださって、この主題歌が決まったんです。まさに運命のタイミングでした。


――舞花さんの歌声がとてもあうサウンドですよね。壮大で、土の香りがするというか。
【舞花】 うれしいですね。今回、映画主題歌の話も、他の人の曲を歌うのも初めてだったんですが、こうして完成してみると、いろんな発見があって、どんどん音楽が楽しくなってくるんですよ。こうやって何度も音楽をいいなって思えるから、苦しさ、悩みもこえられるし、それらの経験すべてがスパイスになるんですよね。


――PVには、主演の蒼井優さんと岡田将生さんが出演されていますね。
【舞花】 はい。このPVも廣木監督に撮っていただきました。あのふたりが現代で出会っていたらどうなるのか、というコンセプトで撮ったので、映画とあわせて楽しんでもらえるとうれしいです。


――「心」というタイトルがまたすごくシンプルでいいですね。
【舞花】 ありがとうございます。心って目に見えないもの。でも、人間として一番大切なもの。これってすべてに通じていて、本質的な目に見えない物事がすべてをジャッジするんじゃないかなって思ったんです。見えないけれど、そこもきちんとしていれば何事もブレないし、結果が生まれてくるんです。そんな意味もこめてこのタイトルを付けました。


――この映画では、一瞬を永遠のように感じながら、ふたりは生きています。舞花さんは、一瞬でも愛する人との思い出があれば、その先もひとりで生きて行けると思えますか?
【舞花】 いや〜、私は寂しがり屋だからなかなか難しいです(笑)。でも、いつかそう思えるような強い女性になりたいですね。

(文:吉田可奈 撮り下ろし写真:原田宗孝)

Release
心【初回限定盤】
心【初回限定盤】
舞花
発売日:2010/10/20[シングル] ユニバーサル J
価格:\1,500(税込) 品番:UPCH-9598
CDを購入する(Amazon) このCDについて語ろう
心【通常盤】
心【通常盤】
舞花
発売日:2010/10/20[シングル] ユニバーサル J
価格:\1,000(税込) 品番:UPCH-5673
CDを購入する(Amazon) 着うた配信
Profile

1990年8月31日生まれ。熊本県出身。O型。
2007年、ヤマハが主催する『The 1st Music Revolution』に出場。九州AREA FINALにてグランプリを受賞し、JAPAN FINALに出場。
2009年3月に上京。
2010年4月14日、シングル「never cry」をリリースし、メジャーデビュー。
2010年6月23日、シングル「教えてよ〜miseducation〜」をリリース。
2010年6月30日、1stアルバム『Possible』をリリース。
2010年10月20日、シングル「心」をリリース。

ARTIST PAGE ARTIST COMMUNITY OFFICIAL SITE
   
PLAYPLAY