• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • 動画
  • 神田伯山、締めの挨拶で時事ネタをぶっ込み会場ザワつき!?大谷翔平の元通訳・水原一平さんへメッセー...

神田伯山、締めの挨拶で時事ネタをぶっ込み会場ザワつき!?大谷翔平の元通訳・水原一平さんへメッセージ「光もあれば闇もある」 映画『クラユカバ』公開記念初日舞台あいさつ

概要

講談師の六代目神田伯山が12日、都内で行われたアニメーション映画『クラユカバ』公開記念初日舞台あいさつに登壇した。今一番チケットが取れない講談師と注目を集めながら声優初主演を務めた神田は「鬼のような現場でした。まさに鬼がいた」と振り返った。  今作は塚原重義監督(※塚=旧字体)の初長編アニメ作品。構想から10年で完成し、ファンタジア国際映画祭で観客賞・金賞を受賞した。世間を惑わす集団失踪の怪奇に挑む探偵・大辻荘太郎を神田が演じ、黒沢ともよ、芹澤優、坂本頼光、塚原監督が参加した。 アフレコの様子に神田は「それが僕にとってもありがたいこと。素人が参加するのに最高の環境を整えてもらった。塚原監督やスタッフさんにきたんなく、いろいろなバージョンで誘導してもらって」とテイクを重ねたそう。「僕も何度も録り直すのはすきで、古典芸能は再放送ですか苦じゃないんです。でも苦になりました。鬼がいるなと思って…(笑)」と本音をのぞかせた。 塚原監督は「声はすばらしいですよね」と褒められた神田は「声は?」と思わず確認。「最初は冒険だったんです。一番セリフが多いキャラクターを声優じゃない方にやってもらう。化学反応に期待はしていたけど不安はあった。ただ最初のセリフでもう『荘太郎がいる』って」と第一声で確信。 「最初の方は『監督、声優じゃないんでそれはムリですよ』って」と神田とのやりとりを明かす塚原監督に、神田は「そんなトーンじゃないです、マスコミがいるの忘れないで」と大慌て。「ものづくりって大変です。そういう現場の方がいい作品ができるという。それくらいお互いが感情的になるくらいの方が楽しいですよね?スリリングでしたよね。監督が帰るか俺が帰るか…」とピリピリした一幕も回想。 とはいえ、無事作品も完成し、「改めて監督とスタッフさんのおかげ。本当に新たな試みにお礼申し上げます。ありがとうございました」と感謝していた。#神田伯山続きを読む

タグ

動画検索

最新動画

動画一覧へ戻る