• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • 動画
  • ピエール瀧、俳優復帰後初主演作への思いを告白「全力で臨むべきだと思った」 北野武監督のエピソードも...

ピエール瀧、俳優復帰後初主演作への思いを告白「全力で臨むべきだと思った」 北野武監督のエピソードも明かす 映画『水平線』完成披露舞台挨拶

概要

ミュージシャンで俳優のピエール瀧の俳優復帰後初の主演作となる映画『水平線』(3月1日公開)の完成披露舞台挨拶に登壇した。本作は、福島県のとある港町を舞台に、大切な人ときちんとお別れできないまま立ち止まってしまった、ある親子の物語。主演の瀧は、震災で妻を失い、心に傷を抱えたまま、高齢者や生活困窮者を相手に散骨業を営む主人公・井口真吾を演じる。監督は本作が長編映画監督デビューとなる小林且弥。2013年に白石和彌監督『凶悪』で瀧が演じるヤクザの舎弟役で共演し、意気投合。自身初の監督作品となる本作へと発展した。瀧はオファーを受けた経緯について「『凶悪』という映画の中で僕は小林くんを撃ち殺すですけど、殺したはずの舎弟から『主演をやってくれ』って言われたら断りにくいなと」と笑わせた。3月1日からテアトル新宿、UPLINK吉祥寺、関西では3月8日からシネ・リーブル梅田、UPLINK京都、3月9日から元町映画館、名古屋は3月23日にシネマスコーレで上映。ほか全国で順次公開する。■映画『水平線』 予告編https://youtu.be/ylznnyX4kK0#ピエール瀧 #水平線続きを読む

タグ

動画検索

最新動画

動画一覧へ戻る