• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • 動画
  • THE RAMPAGE川村壱馬、緊張しすぎてお茶目なうっかりミス?ギャップある一面に安達祐実ら共演者がほっこ...

THE RAMPAGE川村壱馬、緊張しすぎてお茶目なうっかりミス?ギャップある一面に安達祐実ら共演者がほっこり 映画『MY(K)NIGHT マイ・ナイト』公開前夜祭舞台あいさつ

概要

ダンス&ボーカルグループ・THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの川村壱馬が11月30日、都内で行われた映画『MY(K)NIGHT マイ・ナイト』公開前夜祭舞台あいさつに、メンバーのRIKU、吉野北人とともに登壇した。 横浜を舞台にさまざまな不安や孤独を抱えた女性たちを、一夜限りの恋人として癒すプロのデートセラピストである刹那(川村)、イチヤ(RIKU)、刻(吉野)がそれぞれ3人の女性と出会い、織りなす物語。 刹那の相手となるのは、自身の婚約者という“設定”で入院中の母親に会ってほしいという高校教師の灯(穂志もえか)。穂志とは久々の再会となった川村は「撮影期間よりも話しやすい」とすると、穂志は「これでもかというほど話さなかったので。撮影中に…」と当時はまだ距離感があったそうで「でもきょうは、くだけたお姿がみれてうれしかったです」と未だにぎこちない雰囲気で笑わせた。 そんな川村の“ナイト”な一面について穂志は「壱馬さんはずっとナイトですもんね」と振ると川村は「そうなんですか」と苦笑い。「あまりお話しなかったけど、そういったなかでも、適切な距離感を取り続けて無理にこじあけようとしなかったところも、寡黙な姿と面識あるスタッフさんの明るい姿、その二面性というか両極なものを内包されている感じが表現者としてすてき」と感心した。 一方、吉野の相手役を演じた安達祐実は「ほくちゃんは控えめで、優しい気遣いのある方。結構、お芝居は大胆。アドリブもその役でありながら、ちゃんとアドリブをぶっこんでくる大胆さがあってすごく男らしいと思います」と絶賛。「私がアドリブできないタイプなのですがリードしていただき助けてもらいました」と感謝され、「うれしい。お酒ください」と上機嫌になり、「こんなに褒めてもらえるとは。やりがいがあります」と顔をほころばせた。 RIKUの相手役を演じた夏子は「カメラマンの役で、カメラが回っていないときも練習したり撮ってくださったりストイックにカメラに向き合っていてナイトだな、と」と裏側を紹介。その後のカメラとの向き合い方を聞かれ、RIKUは「いくつか年内に買いたいカメラに目星を付けていて。あいも変わらずメンバーや風景を撮ることを楽しくやっていますとプライベートの一面もみせていた。#THERAMPAGE #川村壱馬 #RIKU #吉野北人続きを読む

タグ

動画検索

最新動画

動画一覧へ戻る