• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • 芸能
  • “実写化がっかり”リスク回避? 『糸』に『猫』も、ヒット曲原案コンテンツのねらい

“実写化がっかり”リスク回避? 『糸』に『猫』も、ヒット曲原案コンテンツのねらい

 あいみょん作詞作曲によるDISH//のヒットソング「猫」をテレビ東京が連続ドラマ化し、話題を呼んでいる。8月には、中島みゆきの「糸」がリリースから28年経って映画化。ほかにも、曲原案の過去作品として『涙そうそう』(2006)、『ハナミズキ』(2010)、『キセキ』(2017)などが挙げられるが、今回の“連ドラ”化には驚きの声が寄せられている。13日に第1話が放送されると、早速「泣ける」「やばいドラマが始まった」などの反響を呼んだ『猫』のプロデューサー・漆間宏一氏に、今作発案のきっかけと曲原案コンテンツの可能性を聞いた。

“猫”をきっかけに出会う男女の切ないラブストーリー 挿入歌は北村匠海が作曲

 同曲は今年3月、アーティストによる一発撮りのパフォーマンスを配信するYouTubeチャンネル『THE FIRST TAKE』で公開。その後、この収録のためにDISH//メンバーがアレンジしたアコースティックバージョン「猫 〜THE FIRST TAKE ver.〜」が4月29日に配信。これも反響を呼び、現在ではオリジナルバージョンの「猫」と合算で配信総再生回数1億5千万回を突破する大ヒット曲となった。

「『猫』をドラマ化しようと思ったきっかけは、皆さんに知られている曲である、ということがまずは大きいと思ってます。もともと『猫』自体は3年前の曲なのに、今年配信された動画がすごく盛り上がってるということが入り口でもありました。それから曲が視聴者にとって登場人物やストーリーが違っている、というのもおもしろいと思いました、また力強く歌い上げる感じがこのご時世に合ってるなと思って、映像化したいと思ったんです」(漆間氏/以下同)
 “当たり前の大事さ”、“ちょっと前までは横にいたのに”――。ベースにあるのは、男女の何気ない日常。これまでの当たり前が当たり前ではなくなった今だからこそ届けたい内容だと思ったという。また歌詞では、主人公がいつもの帰り道に“君”がいないことに違和感と寂しさを覚える描写があるため、「いつもの帰り道」がドラマの大事な舞台となる。

 そして紡がれる物語は、余命宣告を受け自らの死と向き合う女性・金子みねこ(小西桜子)と、やりたいことや夢もなくその日暮らしの生活を送るフリーター・天音光司(前田旺志郎)が、一匹の“猫”をきっかけに出会ったことから始まる、切なくも温かいラブストーリー。楽曲「猫」の世界観を引き継ぎながらのオリジナルストーリーとなっている。
 主題歌のみならず、挿入歌にも力を入れている。「2話でいうと、光司がみねこにギターで曲を弾くシーンがあるんですね。ラララって歌っている部分なのですが、これはDISH//の北村匠海くんに作曲してもらいました。主題歌『猫』とはまた違って、ポジティブでギターを学びたての光司が作った曲として心に響く内容になってます。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索