• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • 芸能
  • 鈴木絢音“辞書を読む”――言葉の森の遊び方 辞書に「乃木坂46」を載せるなら?

鈴木絢音“辞書を読む”――言葉の森の遊び方 辞書に「乃木坂46」を載せるなら?

この記事は、LINE初の総合エンタメメディア「Fanthology!」とオリコンNewSの共同企画です。
⇒この記事をオリジナルページで読む(11月10日掲載)

乃木坂46の鈴木絢音さんは、多いときは「3日で1〜2冊」読むほどの本の虫。小説やエッセイなど読むジャンルは多岐にわたります。くわえて、辞書への愛が深いことで知られ、以前、バラエティ番組『乃木坂工事中』で辞書の面白さを熱弁する姿が話題を呼びました。辞書を引くだけでなく読むことに愉(たの)しさを見出す鈴木さんに、その面白さを知ったきっかけやお気に入りの辞書、そして、もし「乃木坂46」「鈴木絢音」が辞書に載っていたら……などを細かく質問。静かな語り口ながらも、沸々と愛情が伝わってくる鈴木さんの“辞書がたり”をお楽しみください。

撮影:KOBA 取材・文:遠藤政樹

「読み比べる」のが楽しい 辞書好きの原体験は

――そもそも本を読むことが好きだなと思うようになったのはいつからですか?
鈴木絢音ここ最近というか、気づいたら読書好きになっていました。小さい頃から母が私に本を読む習慣をつけようと頑張ってくれていたというのもありますね。

――自然に本と触れ合える環境があったのですね。読書好きの中には鈴木さんのように辞書を愛好する方もいるかと思いますが、辞書への“扉”が開いたきっかけは何だったのでしょうか。
鈴木絢音暇があったから……ですね(笑)。
――なんと身もふたもない(笑)。でも何かにハマるきっかけは、意外とそういう単純なものかもしれませんね。では、辞書を読むようになったのは何歳頃からですか?
鈴木絢音辞書を初めて持ったのが小学生のときで、やっぱり暇だったのでしょうね。最初に読んだのは辞書というより、図書室にボンッとセットで置いてあるような大きな百科事典でした。そのときは何となく開いたのですけど、今思えば、あれがきっかけだったのかもしれません。

――なるほど、百科事典が辞書や辞典が好きになる入り口だったのですね。鈴木さんが「辞書って面白い」と思うのはどのようなときですか?
鈴木絢音同じ言葉でも、複数の辞書を読み比べてみたときに語釈が「違うな」と気づいたときが面白いですね。ポピュラーなところですと、例えば「右」という言葉は比較しがいがあると思います。
――当たり前のように使っている言葉こそ違いがある、と。同じ単語を複数の辞書で引き比べるのは、面白いですね。
鈴木絢音そうなんです。単語の解説は辞書によって結構違ったり、語釈も異なったりするので読んでいて楽しいですね。

鈴木絢音の推し辞書・図鑑3選

視点の違いが面白い『新明解国語辞典』

――そんな辞書好きの鈴木さんですが、今は何冊ぐらいの辞書を所有されていますか?
鈴木絢音そんなに数は持ってはいないのですが、国語辞典は5冊ぐらいあります。

――国語辞典だけで5冊……むしろ持っている方だと思います。その中でもお気に入りの辞書を、その理由や個性と共に教えてください。
鈴木絢音そうですねぇ……いろいろ考えても結局お気に入りとして挙げるとなると、『新明解国語辞典』(三省堂)になっちゃいますね。
――お気に入りの理由は何ですか?
鈴木絢音語釈など中身の面白さです。特にほかの辞書と視点が違うところが面白いと思います。

――言われてみると、辞書ごとに編者が異なるので、方針によって異なりますね。その観点から辞書を選ぶのも楽しそう。ところで『新明解国語辞典』といえば、改訂版の第八版が発売されます。
鈴木絢音第七版を持っていますが、語釈や用例なども変わるようなので買おうと思っています。

――新版の購入後、古い版はどうしますか?
鈴木絢音(捨てずに)とっておこうかなと。もしほしい人がいれば譲りますけど、きっといないだろうな……(笑)。

真っ直ぐな感じが好きな『三省堂国語辞典』

――では続いてのお気に入りの辞書を教えてください。
鈴木絢音『三省堂国語辞典』(三省堂)です。『新明解国語辞典』と比較するのが好きなんです。

――『三省堂国語辞典』にはどんなイメージを持っていますか。
鈴木絢音辞書自体、どちらかというと真面目なものかもしれませんが、なかでも『三省堂国語辞典』はより真面目な感じがするというか、(語釈が)真っ直ぐな感じがします。

――冠番組の『乃木坂工事中』で紹介されていた通り、やはり『新明解国語辞典』と『三省堂国語辞典』は「二大巨頭」的な存在なのですね。
鈴木絢音私の中では間違いなくそうです!
きれいさに見とれた『世界で一番美しい元素図鑑』

――その2冊以外にも好きな辞書はありますか?
鈴木絢音白い辞書なのですけど……名前が出てこない(笑)。

――色ですか!?
鈴木絢音私、色で覚えているんですよ(笑)。あとは父からお下がりでもらったのも、名前を覚えていないのですが気に入って使っています。
――お父さまといえば、誕生日にご両親から『広辞苑』(岩波書店)をプレゼントされたとのことですが、初めて所有してみていかがですか?
鈴木絢音それまでは図書館などで使うぐらいで、大きい辞典は持っていなかったのです。『広辞苑』はめちゃくちゃ重たくて、なかなか慣れません。

――お気に入りの『三省堂国語辞典』などと比べてどうですか?
鈴木絢音『広辞苑』は、載っている言葉数が多いので、ほかの辞書で調べても出てこないときに使うことが多いです。ただ、残念ながら私にとっては本当に重たいんです(笑)。

――わかります(笑)。『広辞苑』は実用的なのですが、さっと引きたいときには一苦労する重さです。辞書と並んで図鑑もお好きとのことなので、お気に入りの図鑑をぜひ教えてください。
鈴木絢音『世界で一番美しい元素図鑑』(創元社)かな。話題になっていて買ってみたら、すごくきれいで好きですね。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索