• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • 芸能
  • 人生をかけた挑戦……アイドル柏木由紀を形成する「アイドル神5」

人生をかけた挑戦……アイドル柏木由紀を形成する「アイドル神5」

2006年12月、AKB48に3期生として加入し、14年目の柏木由紀さん。幼い頃からアイドルに憧れ、学んだことを実践している柏木さんは、グループ最年長の28歳となっても最前線で輝き続け、昨年11月に放送された日本テレビ系『ベストヒット歌謡祭2019』では「30歳までAKB48を卒業しません」と宣言。今なおアイドル街道を突き進んでいます。AKB48グループでは前人未到の“30歳現役”を目指すゆきりんが、これまでに憧れ、愛し、尊敬し、影響を受けてきた『アイドル神5』をたっぷりと語ります。

撮影:田中達晃/Pash 取材・文:篠本634(short cut)

モーニング娘。のおかげで学校の人気者に

――柏木さんといえば「小さい頃からのアイドル好き」で有名ですが、いつ頃からアイドルに目覚めたんですか?
柏木由紀小さい頃から親が車でモーニング娘。さんの曲を流していたのですが、大ヒットした『LOVEマシーン』より前だったので、子どもの私からすると『サマーナイトタウン』とか『抱いてHOLD ON ME!』のような「ちょっと大人の曲を歌ってる人たち」という印象でした。

それで、小学2年生の夏休みに、地元の鹿児島にモーニング娘。さんがコンサートで来たんです。母に「モーニング娘。のコンサートに行こう」って誘われて、アルバムを聴いて勉強して行きました。

実際にコンサートに行ったら衝撃で。小さい頃から歌とダンスがすごく好きで、ステージへの憧れがあったんですけど、生でステージを観たのはそれが初めてだったんです。ファンの方の盛り上がりと、キラキラした照明の中で歌って踊る姿がとてもきれいで……。当時7歳で、短いけれどそれまでの人生で経験したことのない空気感に「私が好きなものはこれだ!」って思ったんです。そこから全てが始まりました。
  • モーニング娘。『LOVEマシーン』zetima、1999年

    モーニング娘。『LOVEマシーン』zetima、1999年

――そこからモーニング娘。さんのファンになったんですね。
柏木由紀ガッツリとハマりました。学校でも「モーニング娘。がすごい!」ってみんなに宣伝して。最初は受け流されていたんですけど、のちに『LOVEマシーン』『ザ・ピース!』と次々にヒットして大人気になって。そうなったら「え? これって由紀ちゃんが言ってたやつ?」って学校中のみんなが言いだして、私、一躍人気者になったんです。モーニング娘。のおかげで!

――新しいものを先に見つけて広める、宣教師みたいな?
柏木由紀そうです。まさにモーニング娘。の宣教師になれて。「モーニング娘。といえば由紀ちゃん」って言われるようになりました。だって当時、鹿児島では『ASAYAN』(テレビ東京で1995年10月1日〜2002年3月24日まで放送していたオーディション番組。モーニング娘。も同番組から誕生)を放送していなかったんです。だから鹿児島では情報が少なかったんですよね。

なにかにつけて「由紀ちゃん、これってどうなの?」ってモーニング娘。について聞かれて、めちゃくちゃ人気者でした。多分、あの頃が人生でいちばん人気あったんじゃないかな。私の人生の絶頂期です(笑)。
――言い過ぎです!(笑)。そして、ご自身がアイドルになりたいと思ったのはいつ頃ですか?
柏木由紀中学に入ってからです。学校の友達がオーディションの話をし始めたんですよね。オーディション情報が載った雑誌が流行っていて。そこで「オーディションを受けたら、アイドルとか芸能人になれるんだ!」って初めて知ったんです。

それに、ハロー!プロジェクトで自分と同じ学年の矢島舞美ちゃん(℃-ute)、嗣永桃子ちゃん(Berryz工房)をはじめ、同じ年代の方たちがデビューしたことで急に現実味を感じるようになって、「自分も入ってみたい」って気持ちになったんです。そこで、モーニング娘。の8期オーディションと、AKB48の3期生オーディションを受けました。AKB48に合格したのは、中3の12月でしたね。

AKB48を受けたのは、「専用劇場のステージに毎日立てる」のがいいなと思って。やっぱりステージが好きだったんですよね。なんとなく3年くらい続けられればいいなという気持ちで、「高校3年間、毎日ステージに立てたら幸せだな」って思って親と上京して来ましたが、気がつけば、13年経ってました(笑)。

影響を受けたアイドル“神5”

――さて、ここからは柏木さんが「人生で影響を受けたアイドルBEST5」を教えてください。
  • モーニング娘。『ザ・ピース』ZETIMA、2001年

    モーニング娘。『ザ・ピース』ZETIMA、2001年

モーニング娘。

まずはやっぱり、アイドルを好きになるきっかけとなったモーニング娘。さんです。大好きな石川梨華さんもいらっしゃいましたし。全部が好きで、当時のモーニング娘。さんは楽曲、衣装、バラエティー番組も含めて全部を追っていました。

自分がアイドルとして活動していると、戸惑うことがあるんですよ。例えば、バラエティーで体を張ったり、コントで変なメイクしたりするときに「歌とダンスがしたくてアイドルになったのに……」って。

でもそんなとき考えたんです。「自分が大好きだったモーニング娘。さんも、めちゃめちゃコントやってたよな」「変なヅラをかぶってたっけ……おじさんの役、おばさんの役、鼻水たらした男の子の役からなんでもやってた。でも、あの姿を見て、私はもっと好きになっていたな」って。

それまでアイドルが体張るのって、ファンの方はイヤがるんじゃないかって思っていたんです。でも、自分が大好きだったモーニング娘。さんが何をやっても、私はさらに好きになっていたから「なんでも頑張ろう!」って思えるようになりました。

それからは今も、自分の中の軸に「モーニング娘。さんだったら、どうだったかな?」と考えることがありますね。
――なるほど。モーニング娘。の一番好きな曲というと?
柏木由紀たくさんありすぎて難しいですけど、やっぱり大好きな石川梨華さんのセンター曲『ザ☆ピース!』ですね。ゴールドのキラッキラの衣装で。子ども心に「スターだ!」って思いました。
――では、2組目をご紹介ください。
松浦亜弥

同じくハロプロからになりますが、松浦亜弥さんですね。1970年〜80年代にはソロアイドルはいっぱいいらっしゃいましたけど、2000年代はソロの方ってあまりいなかったじゃないですか。その中で、歌が抜群に上手くて、パフォーマンスもすごかった。

コンサートのMCも「朝起きて歯を磨いて〜」って、1日の出来事を話しているだけでも面白くてかわいい。しかも嫌味がない。あと、ファンの方に「私を応援してくれるのもうれしいけど、みんなの幸せもちゃんと見つけてね」って昔から言っていて。人間として芯があるし、“ザ・アイドル”ですよね。憧れです。本当にいろいろ参考にしていますね。
――近代アイドル史の中でいえば、もう歴史上の人物ですよね(笑)。
柏木由紀本当にそうです! しかもかわいい曲もバラードも最高じゃないですか。私、ピンクの衣装を着なくなったあとの松浦さんも好きで。ずっと座って、一切踊らずに歌うだけのライブとかをやっていたんですよ。衣装も黒のドレス。自分でもソロコンサートをやらせていただく機会があるんですけど、絶対にできないなって思います。

ファンの方が求めていることを考えると、私は歌だけのステージでは不安になってしまって、やっぱり踊っちゃうんですよね。当時、松浦さんは20代前半でしたけど、私もいつかはああいうライブもやってみたいなって思います。28歳の今でも全然無理ですけど(笑)。
  • 松浦亜弥『桃色片想い』ZETIMA、2002年

    松浦亜弥『桃色片想い』ZETIMA、2002年

――松浦亜弥さんから影響を受けた1曲というと?
柏木由紀さっき「ピンクを着なくなったあややが好き」とは言いましたけど、1曲選ぶならやっぱり『桃色片想い』ですかね(笑)。やっぱりアイドルとしての突き抜け方がすごい。あそこまではできないです。「アイドルは好きじゃない」「ぶりっ子は好きじゃない」っていう人でも、あのあややを見て「かわいくない」とは絶対に言えないと思います。圧倒的なパワーが出てます。

ミュージックビデオも大好きなんですけど、2003年、小学6年生のときに、初めてコンサートで生のあややを見たんです。そのときにファンの方のかけ声を煽っている自信満々の姿がすごかったんです。あのときの『桃色片想い』が大好きで印象に残っています。
――続いて3組目は?
柏木由紀ももいろクローバーZさんです。
ももいろクローバーZ

ももいろクローバーZ(2018年撮影)

ももいろクローバーZ(2018年撮影)

――意外でした!
柏木由紀ももクロちゃんは、一貫して明るくて元気なアイドルを常に体現しています。絶対にああはなれないから、本当に尊敬します。アイドルといっても女の子だから、絶対どこかでしんどくなる。でも、メンバーが全員そろったときには、底抜けの明るさで、全力でやりきる。同じアイドルとして、ああなりたかったなって思います。

ももクロちゃんのライブをけっこう観に行くんですけど、絶対に手を抜かない。「ちょっとここは休もう」とか「全力よりもかわいく見せたい」とか、私だったら思っちゃうんです。きっと他のアイドルもそうだと思います。でも彼女たちは、常にイメージを崩さずに元気で全力を貫いてる。

そういうところがカッコイイからコンサートを観に行くと「ついていきたい!」ってみんな思うんですよ。男女ともに「カッコいい」って思わせてくれる。それって本当にすごいなって思いますね。
――ももクロから学ぶことも多いんですか?
柏木由紀多いです。いろいろな番組に出させてもらうとき、AKB48の後輩に「ももクロちゃんを想像してやってみよう」ってアドバイスすることがあるんです。「喜ぶときは喜ぶ。悔しいときは悔しい。感情を出そう」って。

若いメンバーは緊張して、「感情を出すのが恥ずかしいし苦手だな」って思ってしまうことがあるので「斜に構えてるのがカッコいいって考えは捨てて、感情を出そう」って言ってますね。ひな壇の後ろの方に座っていても、大人数で歌っていても、感情を出してニコニコしていようって。「ここにいることが楽しいし嬉しい」っていう気持ちを出す。そういうところはももクロちゃんから学びましたね。アイドルの理想像です。

好きな曲は初期の歌ですが、『Chai Maxx』です。
――4組目にいきましょうか。
松本伊代

柏木由紀松本伊代さんです。前の3組と、ちょっと方向性が変わりましたけど(笑)。最近、「20年後に松本伊代さんみたいになっていたい!」と思っています。もちろんアイドル時代の伊代さんもすごくかわいらしいんですけど、最近バラエティー番組で共演させていただくと、「地でアイドルなんだ」って感じるんですよ。

年下の私が言うのも失礼なんですけど、発言と雰囲気がすごくかわいいいんです。例えば、人差し指を立ててツン、みたいな仕草をすごく自然にされていて、「これがアイドルなんじゃないか」って思いました。歳を取っても、年下の人から本心で「かわいらしいな」って思われる人になりたいなって最近考えますね。

――旦那さんのヒロミさんもテレビで「家でもずっと伊代ちゃんなのよ」っておっしゃってますもんね。
柏木由紀そうなんです。ずっとアイドルなんです。2年前くらいに音楽番組で共演させていただいて。そのときに元モーニング娘。の高橋愛さんと一緒に、『センチメンタル・ジャーニー』のコーラスをやらせていただいたんです。そのときも本当に優しく教えていただいて。

一言一言、行動も言動もすごくかわいらしくて「こういう歳の重ね方をしたいな」って思いました。なので、松本伊代さんの1曲は『センチメンタル・ジャーニー』です。将来は、松本伊代さんみたいになりたいです!
――それではラストの5組目をお願いします。
松田聖子

柏木由紀偉大すぎるアイドル、松田聖子さん。親が好きだったので、曲も全部聴いています。ご結婚されても、ご出産されても色褪せないアイドル。松田聖子さんは松田聖子さんなんですよね。

『NHK紅白歌合戦』でお見かけしたときも、もうオーラがすごすぎました。歌もパフォーマンスもすごいし、「聖子ちゃんカット」のようにみんなが髪型をマネするブームや時代を築かれてきて……。しかもお1人(ソロ)で!

――「ぶりっ子」の代名詞として、叩かれたこともありました。
柏木由紀それでも貫き通したじゃないですか。だからこそすごいんですよ。貫き通した先にアイドルも「カッコいい」と言われるときが来るんじゃないかなって聖子さんを見ていると思うんです。貫き通した先のカッコ良さ、強さ。そこにグッときますね。
  • 松田聖子『天使のウインク』ソニー、1985年

    松田聖子『天使のウインク』ソニー、1985年

――松田聖子さんの1曲を選ぶとすると、どうですか?
柏木由紀『天使のウィンク』(1985年)ですね。ある番組で歌わせていただく機会があって、いろいろ研究したんです。聖子さんに寄せることは無理でも、いろんなものを見て吸収してから歌おうと思って。

「天使のウィンクだから、どうやってウィンクをするのがいいんだろう?」って思って注目して見ていたんですけど、ご本人のウィンクが超さりげないんですよ。私は結構、「ウィンクしますよー! バーン! キメましたー!」って感じで大げさにしちゃうんです(笑)。でも聖子さんは、してるかどうかわからないくらいにさりげなくして、ちょっとだけニコってするんです。それがすごくかわいらしくて、「もっていかれる!」「やられた〜」ってなっちゃうんですよね(笑)。

理想のアイドルの条件は「元気」

――影響を受けてきた5組をあげていただきましたが、ここで柏木さんにとっての「理想のアイドルの条件」をお聞きしたいです。
柏木由紀理想としているのは、やっぱり「見ていて元気になれる」。それが一番かなと思います。もちろん頑張りや悔しさを見せて、成長する姿を応援してもらうというスタイルもあると思うんです。でも私はどちらかというと、常に明るく元気でいることを発信して「ゆきりんめっちゃ元気だから自分も頑張ろう」と思ってもらえるのが理想かなって思います。

それと、「自分の見せ方がわかっている」というのもあると思います。みんな若い年齢でアイドルになるじゃないですか。最初はその若さと素のかわいさでやっていけると思うんです。でも長く続けるには、人と違う見せ方とか表情とか踊り方を見つけないといけない。

そういう中で「自分はこれが一番輝ける」っていうスタイルみたいなものをたくさん見つけた人が残るなって感じます。いろんなものに染まれる人が結構強いなって。そういう部分を持つことも条件かもしれません。
――グループ内に尊敬する方、自分のアイドル道に影響を受けた方はいますか?
柏木由紀いわゆる「神7」と呼ばれる方たち(OGの前田敦子、大島優子、篠田麻里子、高橋みなみ、小嶋陽菜、板野友美、渡辺麻友)は、それぞれいくつも尊敬できるところがありました。

神7(左から)小嶋陽菜、渡辺麻友、板野友美、前田敦子、高橋みなみ、大島優子、篠田麻里子(2011年撮影)

神7(左から)小嶋陽菜、渡辺麻友、板野友美、前田敦子、高橋みなみ、大島優子、篠田麻里子(2011年撮影)

中でも私は、たかみなさん(AKB48グループ元総監督の高橋みなみ)の一生懸命さ、まじめさはやっぱりすごいと思います。いつでも先陣切って声を出して、あいさつもしてくれて。だからこそみんないい影響を受けて、一生懸命やろうって思うようになったんです。たかみなさんの力は大きいですね。

あと、アイドルとして、同期のまゆゆ(渡辺麻友)も尊敬してます。「アイドルとはこうだ!」っていうルールをたくさん自分に課して。それを卒業するまで全うしたので、めちゃめちゃ尊敬してます。麻友が王道アイドルを極めようとしているのを見ていて、「私は麻友にはなれないな」っていうのを早々に感じたからこそ、違うアプローチを考えられたというか。

自分も王道にいきたかったんですけど、隣にはるか上の存在がいたから、私はバラエティーで頑張ったり、どうにかイジってもらったりとか(笑)、他の道を目指そうと思えたので。
――今、柏木さんはAKB48グループ最年長ですが、アイドル業界の中でも最年長だと思うんです。そんな立場から見て、今のアイドル業界はいかがですか?
柏木由紀今アイドルは、いろんな方向に特化したアイドルがいっぱい出てきていて、多種多様化してますよね。良い傾向だと思います。それこそAKB48と同じ秋元(康)さんのプロデュースでも、欅坂46みたいなカッコイイグループは、絶対にかぶらないからむしろ貫いてほしいです。いろんなアイドルが出てきている今は、かなり理想的ですね。

――ちなみに「30歳までアイドル宣言」をされましたが、30歳の先はどうされるんですか?
柏木由紀まったく決めてないんです(笑)。「30歳までAKB48は辞めません」って言いましたけど、むしろ30歳になったら辞めるとも考えてないんですよ。でも、昔よりもダンスの振りとかを覚えるのが遅くなってるなって感じるんです。家での自主練が増えました。昔はレッスン場で覚えられたのに、今は覚えきれなくて。家に帰ってベッドにスマホを置いて、動画を見ながら練習しています。
――とても愛おしいエピソードです(笑)。
柏木由紀でもやっぱりステージに立つ楽しさは全く変わってなくて。むしろ増していっているなと感じます。これだけ長いことやってても、辞めたいって思ったことも一度もないし、今でもコンサートで若いメンバーと並んでも、「絶対に負けたくない!」ってまだ思えるんですよ。3列目とかにいっても、「1列目の若手より絶対踊ってやろう!」みたいな。

そういう気持ちがなくなったら、もしかしたらアイドルっていう形以外の方向を考えたほうがいいかなって思うんですけど、今でも10代の子にバチバチ思えてる自分がいますね。恥ずかしいから絶対に言わないですけど(笑)。
  • AKB48『失恋、ありがとう(初回限定盤C)』キングレコード、2020年

    AKB48『失恋、ありがとう(初回限定盤C)』キングレコード、2020年

――ものすごくカッコいいです! そして新曲『失恋、ありがとう』が3月18日に発売されました。ここでもガツガツ燃えている柏木さんが見られるという。
柏木由紀ありがとうございます(笑)。16期生の山内瑞葵ちゃんが初センターなんですけど、1期生のみいちゃん(峯岸みなみ)のラスト参加シングルでもあり、歴史を感じるメンバーで歌っています。

みいちゃんは先輩ですけど、友達という感覚が強いので、卒業は純粋にすごく寂しい気持ちがありますね。AKB48にとって1期生がいなくなるのは大きな意味を持つし、私も一番の古株になります。みいちゃんが教えてくれたこともいっぱいあったので、それをできるだけ他の後輩に伝える役目をするつもりです。

グループを卒業したメンバーが、AKB48にいたことを誇りと思えるグループでいなきゃなって思うので。ひとまずは30歳までAKB48を盛り上げたいなと思っています。
――最後に柏木由紀にとって「アイドル」とは?
柏木由紀アイドルとは……「人生をかけた挑戦」です。

ちょっと前まで、「アイドルとは、日々の楽しみです」って言っていたんですよ。でも今は少し変わってきていて。「30歳までAKB48にいます」と言いましたけど、いわゆる30歳って普通の一般の女性からしたら、結婚を考えたりする年齢だったりもするじゃないですか。そういう年齢が近づいてきたからこそ思うんです。「いつか人生を振り返った時に『あ、自分ってずっとアイドルだったな』って思いたいな」って。

そのときにあらためて「私って中学生から人生をかけてアイドルというものにチャレンジし続けているよな」って思ったんです。だからこれからも人生かけて挑戦し続けます! ま、楽しみながらですけどね(笑)。
プロフィール
柏木由紀(かしわぎ・ゆき)
1991年7月15日生まれ、鹿児島県出身。2006年12月、『第3期 AKB48追加メンバーオーディション』に合格し、翌07年7月、AKB48の4thシングル『BINGO!』で初選抜入り。2011年の『第3回AKB48選抜総選挙』では第1・2回上位7人の「神7」の一角に食い込み3位となるなど人気を誇る。13年2月にはソロデビュー、18年にはNHK大河ドラマ『西郷どん』に出演。2月からはYouTubeで舞台裏の動画を随時公開するなど幅広い活躍を続けている。
この記事について
この記事は、LINE初の総合エンタメメディア「Fanthology!」とオリコンNewSの共同企画です。(3月19日掲載
俳優・歌手・芸人・タレントらの趣味嗜好を深堀りしつつ、ファンの「好き」を応援。今後、さらに気になる人の「これまで」と「これから」をお届けしていきます。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索