• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • CM
  • 『マルコメくん』からの脱却…創業160年の老舗企業が「泣ける」アニメCMを制作したワケ

『マルコメくん』からの脱却…創業160年の老舗企業が「泣ける」アニメCMを制作したワケ

 老夫婦の穏やかな日常を描いたマルコメのアニメCMがテレビで放送され、SNSを中心に多くの感動の声が上がっている。家族の絆を温かなタッチのアニメーションで描く同CMシリーズは、2014年にスタートして以来、これまでに8作を公開。90秒という短い尺ながら、短編映画のような奥深いストーリーと良質な作画にはファンも多く、新作のたびに「泣ける」と話題を呼んできた。とくに反響が大きいという今作、そして老舗メーカーであるマルコメがアニメCMを放送する理由を、制作に関わる同社の広報担当者に聞いた。

動画再生数も「これまでにない速さで伸び」、中国でも話題のアニメCM

  • 「俺が家事をすれば妻はずっと家にいる」と、料理をする夫の道夫

    「俺が家事をすれば妻はずっと家にいる」と、料理をする夫の道夫

  • 夫の料理に妻の洋子は「おいしい…」

    夫の料理に妻の洋子は「おいしい…」

  • 「うれしいもんだな、うまいと言われるのは」

    「うれしいもんだな、うまいと言われるのは」

 定年退職した夫と、足を悪くして台所に立てなくなった料理好きの妻。海辺の町で静かに寄り添って暮らす老夫婦の日常風景を、叙情的なアニメーションで描いた『料亭の味 液みそシリーズ いつまでも一緒に篇』が公開されたのは、今年1月のこと。SNSでは「互いが互いを支え、愛を共有し、苦難を乗り越えて共に寄り添う。ささやかだけど確かな愛のカタチ…」、「これからも一緒に年を重ねていって、いつか私たちもこんな夫婦になれたらいいな」といった感動の声が数多く上がり、その反響を受けて再び2月25日にオンエアされることになったという。

 これまでも「マルコメの泣けるアニメCM」として話題を呼んできた同シリーズだが、広報担当者によると、「今作は公式YouTubeチャンネルの再生数が180万回、一般ユーザーがアップしたTwitterの動画は1370万回(2月25日現在)と、これまでにない早さで伸びています」とのこと。国内のみならず、中国でも話題になっているとか。

「大変な時期の中国で話題になるとは、とてもありがたいですね。さらに、1月に初オンエアした直後には、(夫の)道夫役の声優さんから、『まわりからの評判がすごくいいんです。次回のオンエアはいつですか?』とお電話をいただいて。声優さんからこのような連絡を直接いただくのも、今作が初めてのことでした」

昭和の『マルコメくん』イメージを変えるには? 裏側に老舗企業の課題

シリーズ1作目となった『母と息子篇』

シリーズ1作目となった『母と息子篇』

 マルコメが創業したのは安政元年、1854年のこと。それから160年以上の長きにわたり、日本の食卓に密着した商品を届けてきた。そんな屈指の老舗味噌メーカーのCMがアニメというと、意外に感じる視聴者もいるのではないだろうか。ではなぜ、6年前にマルコメはアニメCMの制作に踏み切ったのか。それは、その前年に同社が新たに設定した『日本のあたたかさ、未来へ』というスローガンがきっかけだったという。

 「弊社は社員400人程度とそれほど大きな会社ではありませんが、規模の割にはありがたいことに広く認知をいただいています。しかしその認知は、昭和の時代の『マルコメくん』CMのイメージのままでストップしているのではないか? という課題意識もありました」

 マルコメ=安心安全というポジティブなイメージは、幅広い世代に浸透している。しかし、日本人にとって味噌はあまりにも身近なもので、ともすれば「どのメーカーの味噌もそれほど変わらない」と認識されやすい。数多くのメーカーがひしめく中で、これからの生活者に「なんとなく、マルコメがいい」と選んでもらうには? 老舗メーカーが未来を見据えた岐路に立たされたのが、2014年の新CM企画のタイミングだったという。

 「さらに当時、弊社は新商品として『料亭の味』ブランドの徳用袋を開発していました。廉価商品をアピールするCMは、実写で作るとチープな見え方になりがちなこともあります。だけど『料亭の味』の価値は価格ではなく、家族の絆や温もり、そして時代ごとの生活者に寄り添う手軽さとおいしさにあります。その世界観を伝えるにはアニメーションという手法が最適だと考え、上司に掛け合ったんです」

米アカデミー賞短編アニメ映画賞を受賞した制作会社を起用

  • 2作目『単身赴任篇』

    2作目『単身赴任篇』

  • 3作目『夜食篇』

    3作目『夜食篇』

 そうした経緯を経て生まれ、長く愛されるようになったアニメCMシリーズ。とくに大きな反響が見られる今作については、「いろいろ理由は考えられますが、まずは作画のクオリティの高さが大きかったと思っています」と担当者。これまで同シリーズの制作を一貫して手掛けてきたのは、米アカデミー賞短編アニメ映画賞を受賞した実績のある映像制作会社・ロボットだ。

 「ロボットさんとは5年間ご一緒してきて、回を重ねるごとにいいものになっていったという自負があります。さらに今作では、ロボットさんが集結してくださったアニメーターの豪華さに、我々も驚いたほどでした」

 アニメーション制作は、繊細な人物の感情表現描写に定評のあるアンサー・スタジオ。また美術監督には、美しい背景描写で評価の高いアニメ工房婆娑羅など、日本のアニメ界を牽引するスタッフが集結。アニメに詳しい人であれば、クレジットを見ただけでもクオリティの高さに納得するだろう。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索