• ホーム
  • 音楽
  • ツイキャスにクラウドファンディング、ギター女子cahoが示す音楽活動の新たな形

ツイキャスにクラウドファンディング、ギター女子cahoが示す音楽活動の新たな形

 音楽活動のスタートは、ツイキャスを使ったライブ動画の配信。さらにYouTube、MixChannelなどで動画を配信することで知名度を上げ、デビューシングルはクラウドファンディング・muevo(ミュエボ)を利用。インターネットのコミュニケーションツール、資金調達システムをフルに生かした活動で注目を集めているのが、22歳の女性シンガーcaho(カホ)だ。

アプリをインストールするだけ、大学1年生でツイキャスのライブ配信開始

 「人前に出る仕事がしたい」と演技のレッスン、ボイストレーニングなどを重ねていたcahoがツイキャスのライブ配信をはじめたのは大学1年生のとき。「最初は趣味程度。“アプリをインストールするだけで簡単にできるし、ヒマだからやってみよう”という気楽な感じで始めました」という彼女だが、視聴者の数は順調に増え、現在のサポーター数は3万人に迫っている。

 「最初は顔も出さず、歌声だけを配信していたから、聴いてくれる人の数も多いときで100人くらいだったんです。その後、“やっぱり顔を見せたほうがいいな”とか“ギターを持ったほうが興味を持ってくれそう”といろんなことを試しているうちに少しずつ聴いてくれる人が増えてきて。視聴者の方のリスクエストに応えて『クリスマスソング』(back number)などのカバー曲を歌ったり、テロップに歌っている曲名を出すことでチェックしてくれる人がさらに増えたんです」

ラジオ代わりのツイキャス、10代が多いMixChannelを利用

 その後YouTube、MixChannelなどにも動画を投稿し、“新世代のツイキャスギター女子”として認知されるように。リスナーとコミュニケーションを深めることで、ファンが求めていることもさらに深く理解できるようになったという。

 「ツイキャスは夜間に配信することが多いので、寝る前の癒しになるような曲を聴きたいという方が多いですね。ラジオ代わりとしてツイキャスを利用している方もいらっしゃるみたいです。MixChannelは10代の若い人たちがよく使っているアプリなので、リクエストを通して、人気がある曲、求められている曲もわかってきました。応援してくれる人が増えた一方、ネガティブなコメントを送ってくる人もいるんですが、そこはあえて触れないようにしています。否定的な意見に反応すると、それを見ているファンの方もいい気持ちはしないと思うんですよ」

ライブに来れない若者のため、クラウドファンディングを活用し無料公演

 ツイキャスを中心とした配信を1年ほど続けた後、都内のライブハウスを中心にライブ活動も開始。さらに2015年11月には、音楽専門クラウドファンディング・muevoでシングル制作プロジェクトをスタート。同プロジェクトは、目標金額の達成率243%と大成功をおさめ、1stシングル「Beginning」のリリースを実現させた。

 「オリジナル曲の配信はやっていたんですが、CDはずっと出していなくて。最初のCDは応援してくれている方々と一緒に作りたいと思って、クラウドファンディングを選びました。地方のファンの方から“ライブにはなかなか行けないけど、これなら参加できる”というコメントをいただいたり、たくさんの方が積極的にサポートしてくれて、すごく嬉しかったですね」

 2016年7月に1stミニアルバム『恋しちゃったんだ。』を発表、12月に2ndシングル「君がいて私がいた」を配信するなど、その後も順調な活動を続けてきた彼女。今年に発売されたミニアルバム『わたしは。』のプロモーションの一環として始まった『大注目シンガー「caho」の音楽活動に参加!キャンペーン』は目標金額に対し、なんと576%の達成度を記録。参加者へのリターンは、12月27日に開催される渋谷マウントレーニアホールでのフリーライブだ。

 「今回のクラウンドファンディングには、高校生くらいの方にも参加してもらいたくて、0円のプランも用意したんです。リターンとしてフリーライブをやろうと思ったのも、ライブになかなか行けない、若いリスナーのみなさんにも足を運んでほしかったから。初めて私のライブを観る方も多いと思うし、しっかり自分の音楽を伝えられるステージにしたいですね」

cahoが示す、今後の音楽活動の方向性とファンとの関係性

 ツイキャス、SNSなどを通じてリスナーと直接コミュニケーションを取り、それをライブの動員につなげ、さらにクラウドファンディングを効果的に活用することで“音楽活動に参加し、一緒に制作する”という一体感を生み出してきたcaho。そのスタイルは、ファンとアーティストの新しい関係性を体現していると同時に、今後の音楽活動の方向性を示唆していると言えるだろう。

 「ライブをやったり、CDをリリース前からリスナーのみなさんとしっかりつながれたことはすごく良かった思うし、ツイキャスで活動を始めたことは私にとっても大きな経験になっています。ミニアルバム『わたしは。』の楽曲では、今まで見せてなかったネガティブなところも歌詞にしているんですが、ファンのみなさんもしっかり受け止めてくれて。これからもたくさんの人に共感してもらえる曲を歌っていきたいです。ぜひ12月27日のライブには足を運んでいただきたいですね」
(写真:白石文丈 文:森朋之)

cahoからメッセージ動画が到着!

【ライブインフォメーション】
Entrance Free One-man Live!!
◆日にち:12月27日(水)
◆時間:18:00開場/19:30開演
(オープニングアクト 19:00スタート)
◆場所:東京・渋谷マウントレーニアホールPRESURE PRESURE
【アクセス】(外部サイト)
◆出演:caho
GIRA MUNDO(g,banjo)、デンジャー今西(ba)、丸木ミカ(key,acc)、小宮山純平(dr)
オープニングアクト:和田みづほ、IGARASHI MITSUKI
◆チケット:入場無料(別途ドリンク代がかかります)

【プロフィール】
caho:カホ。3月27日生まれ、千葉県出身、A型。ツイキャス、ミックスチャンネル、YouTube等で活動を行い、関東のライブハウスでもライブを展開中。2016年に1stシングル「Beginning」をリリース、7月には1stミニアルバム『恋しちゃったんだ。』を発売した。今年12月27日に東京・マウントレーニアホールにて無料ライブを開催。同日、500枚限定シングル「ばらいろ」も発売する。
【公式サイト】(外部サイト)

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!