• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 清水富美加 SPECIAL INTERVIEW 変態仮面を好きになってください!

清水富美加 SPECIAL INTERVIEW 変態仮面を好きになってください!

90年代に強烈なインパクトを残したギャグ漫画が実写化!映画『HK/変態仮面』が公開される。ヒロインを演じるのは清水富美加!『仮面ライダーフォーゼ』のヒロインでもあった彼女だが、同じ仮面ヒーローでも大きな違いのある今作。持ち前の弾けたキャラは“変態”とは馴染んだのか!?

パンツを脱ぐシーンは本当に恥ずかしかった

――劇中では大変な目に遭ったりもするんですよね?
【清水】 大変なシーンはありました。狂介くんの妄想のなかで、水着になって「いや、いや、いやーん♪」とか「うっふーん♪」とかいったり(笑)。変態仮面に「君のパンティをくれ」といわれて、パンツを脱ぐところからやったり。それは本当に恥ずかしかったです。

――「いや、いや、いやーん」は、OK出るまでに何テイクも撮ったり?
【清水】 そんなセリフを言ったことがなかったので、自信なくて、撮る前に何回も練習しました。本当はもっと色気を出したかったんですけど(笑)、まだ18歳なので。監督的には、私が色気が出なくて一生懸命やっている感じが、逆におもしろかったみたいです(笑)。

――そんなにテレることもなくできた?
【清水】 カットがかかってすぐ「あーーーっ!!恥ずかしーーーい!!」みたいなのはありました(笑)。でも、鈴木亮平さんが寒いなかであの格好でがんばっているのを見たら、「恥ずかしくてできない」なんて失礼に当たると思うんです。確かに恥ずかしさMAXでしたけど、気持ちを切り替えて、ちゃんとOKが出るようにがんばりました。

――この映画に出て、収穫も大きかったですか?
【清水】 鈴木亮平さんが良い人過ぎて、積極的に話し掛けてくださったんです。おかげで私も打ち解けて、安心して現場に入れて。それはきっと、主演として気をつかってくださったのかな。カメラが回っていないときも、「この角度の方がいいですかね?」「こうやった方がおもしろいですかね?」とか監督と綿密に打ち合わせされていました。食事制限のために自分でお弁当を持ってこられたり、役に正面から向き合う姿が勉強になりました。私も今後、役をもらえたときにそうできたらなと思います。

変態仮面を好きになってください(笑)

――では、『HK/変態仮面』という作品を通じて、世の中に伝えたいことは?
【清水】 変態仮面を好きになってください(笑)。女の子にも、愛子ちゃんと一緒に“カッコイイ”と思ってもらいたいです。変態仮面が言っていることは、相当おかしいんですよ。「パンティくれ」とか「エクスタシー」とか(笑)。でも、みんなのために本気で望んでいたことなので。ヘンな格好はしていますけど(笑)、人間を見た目で判断せず、中身を見てもらいたいです。

――ところで、プライベートでは富美加ちゃんは、高校を卒業したんですよね。
【清水】 この前、卒業式がありました。『HK/変態仮面』の撮影中で、ちょうど中空きがあって、衣裳だけ着替えて髪は愛子ちゃんのままで出てきました(笑)。私、転校生でだし、お仕事もあったから、最初はあまりなじめなかったのですが、無事に卒業する事ができてほっとしています。

――卒業しても、個人的に勉強を続けたいことはありませんか?
【清水】 形容詞とか?難しい言葉をたくさん使うとカッコイイじゃないですか。「消極的」とか。それは誰でも使うか(笑)。とにかく、そういう形容詞や慣用句を勉強したいと思います。

――今、好きな言葉というと?
【清水】 何だろう?最近自分のネットの検索履歴を見ると、“難しい言葉 意味”というのがたくさん残っているんですよ(笑)。すごい調べていて。それで“カッコイイのを見つけた”と思って、最近ツイッターでもつぶやいた言葉が“悲喜こもごも”です!悲しいことと喜びの連続。ただカッコイイという理由で、「悲喜こもごも」とつぶやきました(笑)。
(文:斉藤貴志/撮り下ろし写真:片山よしお/ヘアメイク:木村ゆかこ/スタイリスト:渡邊とも子)
衣装協力店:rivet&surge スピンズ原宿1号店

⇒ 前のページへ【現場は変態ぶりが予想を越えてました(笑)】

映画情報

HK/変態仮面

 ドMの刑事とSM女王様の間に生まれた、紅游高校拳法部員の色丞狂介(しきじょうきょうすけ)は、同じクラスの転校生・姫野愛子に一目惚れをしてしまう。ある日、姫野愛子が銀行強盗に巻き込まれ人質に!

 狂介は、覆面を被り変装して強盗を倒そうとするが間違えて女性用パンティを被ってしまう。その瞬間、経験した事のないエクスタシーを感じた狂介。これまで眠っていた父と母から受け継いだDNAによる変態の血が覚醒。人間の潜在能力が100%引き出された超人“変態仮面”に変身する。

 登場すれば悪人に笑われ、助けた人には逃げられる。それでもパンティを被る事を止められない!絶対に賞讃されないヒーロー。それが変態仮面!!そう彼には、蜘蛛の力も、コウモリの力も強力な武器も必要ない。ただ愛する人のパンティがあればいい。

監督:福田雄一
出演者:鈴木亮平 清水富美加 ムロツヨシ 安田顕
【映画予告編】 【OFFICIAL SITE】
2013年4月13日(土)全国ロードショー  (C)2013 「HENTAI KAMEN」製作委員会

関連リンク

[INTERVIEW I]変態ぶりが予想を越えて
[INTERVIEW II]パンツを脱ぐシーンは…
映画予告編☆変態仮面&ヒロイン映像
『HK/変態仮面』公式サイト
前へ
  • 1
  • 2

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索