• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
(更新: ORICON NEWS

伊勢谷友介「想いは実行に移してこそ」

自分なりの答えを出すことにこだわる、失敗は挫折じゃない

伊勢谷は、小さい頃から自問自答する癖がついているという。「何のために生きているのか」、自分なりの答えがあった。

「大人にも同級生にも、考えすぎってめちゃくちゃ言われていました。多くの人が、自分が何のために生きてるのか、答えを出すことを忘れて生きてしまいます。そうすると今、自分ができることの中でしか探せなくなっちゃう。誰もが一回は考えたことがあると思います。なんで生きているんだろう、なんで勉強するんだろう、なんで働くんだろうって。でも答えを出さない人が多い。正解としての答えなんて誰も分からないんです。でも、自分としての答えは出せる。何のために生きているのか、命の意味は何なのかが分かれば、目的と夢、なすべきことが見えてきます」

社会問題という壮大なテーマに挑むためには、必ずやり遂げるという強い想いと、自分の力を信じることが必要なのではないか。そう尋ねると、伊勢谷からは意外な答えが返ってきた。

「僕は、リバースプロジェクトが世の中を変えられるなんて思っていない。それがポイントなんです。世界70億人の中で僕一人が変わってもダメなんです。ムーブメントを作らないといけない。一人だけではダメなんです。でも、僕みたいな“理想を持つ人”が増えていけば、いつかきっと世界を巻き込んだムーブメントになると考えています」

ロマンとリアリズムーー
今じゃなく、未来という壮大な時間軸を見据えた取り組みを持つ理想主義。一方で自分だけでは事を成しえないことも知る現実的思考も併せ持つ。

「僕はポジティブな考えでもなんでもない」と言い切る伊勢谷。しかし、ネガティブポイントをしっかり考えることが、解決策になるという。座右の銘は「挫折禁止」。挫折してもそこで終わりじゃない。挫折した後も人生はまだ続く。失敗は、自分を知るきっかけと捉える。「挫折禁止」は人生を諦めないことだ。伊勢谷は失敗を友として成長していきたいと思っている。

例えば、なりたい仕事に就きたいという夢がかなわなかった、“挫折”したとしても…自分の夢の目的を分解していけば、その意識と同じ方向をもってやっている職業は世の中にたくさんある。そこに気づけば、より自分に近いリアルな目的が生まれるはず。

未来のための種まき、次なる興味は「教育と政治」

今、興味があることを尋ねると、「教育と政治」という答えが返ってきた。ムーブメントを作るために大切なことであり、人間の本能を超えた「未来のための行動」は、勉強で学べるという。いままで失敗してきている教訓がある。人間は学ぶことで答えが出るという。

「政治を学ぶ研究室をネットで展開しています。その前の段階として勉強・教育の活動を大学生と始めました。リバースプロジェクトは、社会問題をクライアントと考えています。大学生との研究室でも、取り組むべき社会課題を考え、その内容によりビジネスパートナーを選ぶ。外からスタッフも入れながら、実行に移すためのチーム作りをします。そしてファウンディング、出資を募って実行に移すというところまでプロジェクトにしている。『知行合一』が大切。想いは形にすることで初めて意味をなします。関わる人の考えを変え、想いが広がってムーブメントになる」

大学生との研究室はリバースプロジェクトの活動のノウハウそのもの。リバースプロジェクトのスタッフは、本業がありながらリバースの活動にも参加しているという人ばかりだという。自分が勤める会社の名刺と、リバースの名刺2枚を持つ人。志で人が集まり、課題を解決するためのプロジェクトが始まる度に、新しくチームを作っている。

給料のために集まるのではなく、志で集まって、それが結果給料を生んでいく。給料でムーブメントを作るのは難しいと伊勢谷は言う。株式会社がムーブメントを作るには「志」で繋がらなければいけない。世のお役に立つものなのかどうか、お金、売上は一つの指標として考える。だからこそ売上を出すことが大事なのだ。

新たなプロジェクトはオーガニックコットンのコラボウェア

リバースプロジェクトが始めた新しい試みは、世界的ファッションブランドとコラボレーションしたエシカルファッションの提案だ。2016年5月、イギリスの老舗ファッションブランド「KATHARINE HAMNETT LAB(キャサリンハムネットラボ)」とオーガニックコットンのラインナップを発表した。インドの上質でオーガニックな綿から日本の職人の技術と感性を大切にした「everloom(エバールーム)」の生地を採用し、デザインディレクションをリバースプロジェクトが行った。そのオーガニックコットン生地を使った商品をキャサリンハムネットが企画生産し販売する。「エシカルなファッションがフォーマルの新基準」をコンセプトにしており、「きらびやかなドレスやタキシードも素敵だが、ファーマルなシーンだからこそ、人・環境・地球に優しい背景が新しいスタンダードであってほしい」というメッセージが込められている。
「衣・食・住の部類でリバースプロジェクトは“消費が世の中を変える”ということをテーマに活動してきました。コットンの場合は、農薬により農業従事者に身体的な悪影響が起こり、農薬を使いすぎた土地がその後使えなくなってしまうという、未来の環境に悪い影響を与える作り方をされていることが多い。服自体は、幸せになるためのものだけど、それで苦しんでいる人がいる。土地と働く人、それを無視しないで、関わる人達がみんなが幸せになれる形を作っていきたいんです。

僕自身コットンをよく着るので、それこそ全部がオーガニックだとうれしい。自分のライフスタイルに必要なもので、それが無いなら作ってしまえばいいと思いました。とはいえ、元本が必要なものでもありますし、手をこまねいたところで、キャサリンハムネットに相談したところ、興味をもっていただけて、今回のコラボが実現しました」

オーガニックコットンには、地球にも子どもにも優しいものであるために、さまざまな項目で厳しい基準が盛り込まれている。そんなオーガニックコットンの製品を消費者が選び、買うことで、商品を作る人たちの労働環境にも配慮している意思を表明することができるというのだ。

「みんなが幸せになるコットン製品を実現するためには、オーガニックであることが必要と考えています。世の中のコットンをオーガニックに変えていくためには、オーガニックコットンの消費量を増やしていかないといけない。規定が厳しいですが、オーガニックコットンは未来のことを考えた生産方法です。キャサリンハムネットは何十年も昔から、“ファッションができること”を考えて、社会的に貢献してきていました。僕らリバースプロジェクトからしたら大先輩です。僕らと彼らがコラボすることで、現代におけるひとつの化学変化を見せられればいいと思っています」

俳優の枠を超え、社会活動が一つ形になった。しかし、コラボレーションは手法であり、もっと大切にしている本質があるという、それは「ムーブメントを作る」ことだという。デザインに注目すして服を選ぶのではなく、その前段階として倫理的に“正しく”製造されているかどうかを気にする。そんな人を増やすことが大事なのだという。

読者へメッセ―ジ 「志を持って、生き方を選んでほしい」

「最初にみんなの夢の目的を考えてほしいです。実は、夢の目的って絶対に誰かのためになっているものばかりです。つまりみんな、生まれてきてからこのかた、人の為になりたいと思っているんです。そこをまず認識してほしい。人を助けることで自分が生かされるということを知ってほしいです」

小さい子が夢見る「パイロット」は、人やモノを運んで社会に貢献する仕事。映画スターは作品を通じて見る人に楽しい気持ちを届ける仕事。世界は、誰かの仕事で動いている。その考えを大きな規模で考えて、地球にたどり着いた。自分なり生きる意味を考え答えを出すこと。答えが出れば、夢や目的、「志」がおのずと見えてくる。その夢の実現のために必要な何かを始めるためには、志を持つ仲間が必要だ。地球のためにアクションをしているという自負を持っている人たちが、横でつながる。伊勢谷友介は自分の生きる意味として、壮大な時間軸のムーブメントを提案する。ロマンを持って生きている。こうしてリバースプロジェクトは始まった。

今回、彼らリバースプロジェクトがデザインディレクションをした「KATHARINE HAMNETT LAB」のコラボTシャツには、「CHOOSE LIFE」(生き方を選べ)というメッセージが。改めて、誰のためでもない自分だけの人生を「始めて」ほしいという願いが込められていた。

(取材・文/加藤由盛、写真/RYUGO SAITO)
Information
KATHARINE HAMNET LAB×REBIRTH PROJECT
アバンギャルドに、真摯にエシカルなファッションと向き合ってきた「KATHARINE HAMNET」のアイデンティティに共鳴した、伊勢谷友介率いる「REBIRTH PROJECT」が「エシカルなファッションがフォーマルの新基準」をコンセプトに、オーガニックコットンを使用した新しいラインナップが店頭に並ぶ。スエットというあえてカジュアルとされる素材を使用し、新しいスタンダードのあり方を提案する。

販売
5月9日(月)〜24日(火)新宿伊勢丹 解放区
5月18日(水)〜24日(火)JR京都伊勢丹@5Fエスカレーターサイド
5月25日(水)〜31日(火)ISETAN HAUS 大名古屋ビルヂング@B1F
リバースプロジェクトオンラインストアでも5月下旬より販売します

公式サイト
http://www.rebirth-project.jp/
オンラインストア
http://rebirthproject-store.jp/

あなたにおすすめの記事

>

 を検索