百花繚乱 近年アイドルシーンの軌跡

現在日本の音楽シーンは、AKB48をはじめアイドルグループが次々と誕生し、頭角を現すいわば“アイドル戦国時代”。頂点に立つAKB48とその関連グループは、先日発表されたオリコン上半期シングルランキングでTOP100以内に16作品がランクインするほどの人気。しかしその一方で、個性あるグループの登場や、大手芸能プロダクションが続々とシーンに参入するなど競争が激化している。

近年のアイドルシーンは、1997年に誕生し大ブレイクしたモーニング娘。を筆頭に、Berryz工房や℃-uteらハロー!プロジェクト勢がシーンを引っ張っていた。...

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索