• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム

児玉清さん通夜に約900人が弔問

 今月16日に胃がんのため亡くなった俳優・児玉清(本名・北川清)さん(享年77)の通夜が20日、東京・文京区の護国寺桂昌殿でしめやかに営まれ、約900人が弔問に訪れた。

 祭壇は白い菊、コチョウラン、バラ、ユリなどで飾られ、遺影には遺族が「表情がいい」と選んだ2007年の取材時の写真が使われた。法名は「修讀院釋清優」(しゅうとくいんしゃくしょうゆう)。通夜には阿部寛松たか子反町隆史松嶋菜々子夫妻、司葉子八嶋智人谷原章介玉木宏タカアンドトシ多部未華子ら著名人も多く参列し、天海祐希はあふれる涙をハンカチで押さえながら会場を後にした。

 阿部は「信じられない。素晴らしい方で、いつもいい雰囲気を出してくれて、見守られながら撮影していました。またご一緒したいと思っていたし、お話もしたかった。亡くなったのも早すぎる……」と突然の死を悲しみ、「ああいう方は先輩方のなかでも数少ないと思うし、80代、90代まで仕事をしていてほしかった。児玉さんがこの世界に入った当時のお話、歴史を聞きたかった」と悔しさをにじませた。

 また谷原は、TBS系番組『王様のブランチ』の司会のオファーがあった際、「タレントとして見られ、役者としての軸がブレるのではないか」との葛藤から、役者・司会者として活躍していた児玉さんに相談したことを明かした。児玉さんからは「残るものというのは、広くいろんな人に見てもらってこそ」とアドバイスされたといい、「僕なんかが児玉さんを目指すというのはおこがましいけど、毎週毎週積み重ねて、どこまでいけるか頑張ってみたい」と、その優しい人柄を思い起こしていた。

 児玉さんは1934年生まれで東京都出身。東宝映画のオーディションで芸能界入りを果たし、映画『悪い奴ほどよく眠る』やドラマ『ありがとう』、『HERO』、『龍馬伝』など数々の作品に出演。一方で1975年4月のスタートからクイズ番組『パネルクイズ アタック25』(ABC・テレビ朝日系)で36年にわたり司会を務め、「アタックチャ〜ンス!」の掛け声とスマートな司会ぶりでクイズ司会者としても人気を集めた。

⇒ そのほかの「おくやみ・訃報」記事一覧へ

【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 優しい笑顔が印象的な児玉清さんの遺影 (C)ORICON DD inc. 
  • 今月16日に胃がんのため死去した児玉清さんの祭壇の様子 
  • 児玉清さんの通夜に参列した阿部寛 
  • 児玉清さんの通夜には多くの著名人lが参列 
  • 今月16日に胃がんのため死去した児玉清さんの通夜の様子 
  • 今月16日に胃がんのため死去した児玉清さんの祭壇の様子 
  • 児玉清さんの通夜に参列したタカアンドトシ (C)ORICON DD inc.  
  • 児玉清さんの通夜に参列した谷原章介 (C)ORICON DD inc. 
  • 児玉清さんの通夜に参列した八嶋智人 (C)ORICON DD inc. 
  • 児玉清さんの通夜に参列した松たか子 (C)ORICON DD inc. 
タグ

オリコントピックス

 を検索