アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • 清志郎さん3回忌武道館ライブで1万2000人大合唱

清志郎さん3回忌武道館ライブで1万2000人大合唱

 2009年にがん性リンパ管症のため亡くなったロック歌手・忌野清志郎さん(享年58)の命日である2日、東京・日本武道館で清志郎さんをリスペクトするアーティスト19組による追悼ライブが行われた。同所は、清志郎さんが2008年2月に闘病からステージ復帰し『完全復活祭』を行った思い出深い場所の一つ。三回忌にあたるこの日のライブには満員の1万2000人が、在りし日の清志郎さんに思いを寄せた。

 ライブ冒頭、清志郎さんが自転車で日本武道館に向かい、バックステージにスタンバイする映像が流れた。まるで、清志郎さんが本当に駆けつけたかのような演出に、満員の観客から大歓声がわき起こった。

 「OK!CHABO!」のかけ声で、RCサクセション時代からの盟友・仲井戸“CHABO”麗市らをバックバンドに、宮沢和史ゆず奥田民生浜崎貴司高野寛斉藤和義トータス松本が登場し、「雨あがりの夜空に」でスタート。豪華アーティストの歌声に乗って、名曲「スローバラード」や反原発ソング「サマータイム・ブルース」などが次々に蘇り、ファンは約3年ぶりの“清志郎の武道館ライブ”に酔いしれた。

 前出のアーティストのほか、泉谷しげる金子マリザ・クロマニヨンズサンボマスター東京スカパラダイスオーケストラハナレグミ原田郁子細野晴臣真心ブラザーズ矢野顕子YUKIの計19組が出演。約6時間にわたって50曲近くを披露し、最後は再び「雨あがり〜」の大合唱で締めくくった。

 会場には東日本大震災の義援金を募る募金箱が設置され、募金者全員にオリジナルの缶バッジを配布。この日集まった義援金は、日本赤十字社を通じて被災地へ寄付される。



関連写真

  • 豪華19組のアーティストが参加 
  • 清志郎さんの生前の映像も交えてライブが行われた 
  •  

オリコントピックス