アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 池上彰、『伝える力』が実売84.7万部で歴代新書首位に

池上彰、『伝える力』が実売84.7万部で歴代新書首位に

【ランキング表】
BOOK TOP30 / 文庫 TOP30 / コミック TOP30

 ジャーナリスト・池上彰氏の『伝える力 「話す」「書く」「聞く」能力が仕事を変える!』(2007年4月発売/PHP研究所)が、今週5/9付オリコン“本”ランキングで週間0.8万部を売上げ累積売上部数を84.7万部とし、2008年4月からスタートした同ランキングの新書部門歴代1位作品となった。同じく池上氏の『知らないと恥をかく世界の大問題』(角川・エス・エス・コミュニケーションズ)も、現在同部門で歴代4位。新書部門の歴代売上TOP10に2作品がランクインしているのは池上氏ただ一人で、その人気の高さがうかがえる結果となっている。

 これまで同部門1位だった姜尚中氏の『悩む力』(累計売上84.1万部/集英社)を抑え、遂に首位獲得となった同書。日常のビジネスシーンにおいて、コミュニケーションを円滑にするための鍵となる「伝える」ために必要な、「聞く」「話す」「書く」といった基礎的な3つの能力の磨き方を紹介。社会で起こる様々な出来事を、常にわかり易く伝えることに重きをおいてきた著者ならではのコミュニケーション術が展開されている。なお、来週5月10日には新著『先送りできない日本“第二の焼け跡”からの再出発』(角川グループパブリッシング)の緊急刊行も決定しており、まだまだ“池上人気”は続きそうだ。

 今週のBOOK(総合)部門での急上昇は、P.F.ドラッカー『マネジメント 基本と原則 エッセンシャル版』(2001年12月発売/ダイヤモンド社)。週間1.9万部を売上げ(累計売上げ63.2万部)、先週の34位から9位と一気に上昇し、初のTOP10入りを果たした。

 同書は“マネジメントの父”と呼ばれるP.F.ドラッカーが、マネジメント論を初心者向けに一冊にまとめた入門書。この作品をモチーフとした『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』(同社)が昨年話題となり、『マネジメント〜』も同時期に最高位13位をマーク。

 先週『もしドラ』のアニメ版がNHK総合でスタートし、実写版の映画化決定や、「ビジネス書大賞2011」を受賞するなど、新たな話題も追い風となり記録更新となった。

 その他、本屋大賞を受賞した『謎解きはディナーのあとで』(著・東川篤哉/小学館)が週間売上8.1万部で3週連続首位をキープ。人気グループ・AKB48の汗と涙の5年間をまとめた『AKB48ヒストリー 〜研究生公式教本〜』(集英社)が週間売上2.6万部で、先週29位から上昇し5位にランクイン。タレント本部門では1位を飾った。

■調査協力店
旭屋書店、アニメイト、Amazon.co.jp、紀伊國屋書店、くまざわ書店(くまざわ書店/いけだ書店/ACADEMIA)、コミックとらのあな、三省堂書店、三洋堂書店、セブンネットショッピング、TSUTAYA、戸田書店、明屋書店、フタバ図書、ブックスタマ、丸善、漫画全巻ドットコム、未来屋書店(未来屋書店/ミライア/ブックバーン/LE MIRAI/MIRAIYA SHOTEN)、八重洲ブックセンター本店、有隣堂、楽天ブックス、LIBRO、WonderGOO ほか全国書店1717店舗(WEB通販含む)※2010年10月18日付現在(五十音順)

■オリコン“本”ランキング
書籍を販売している全国の書店およびWEB通販の週間売上をもとに全国推定売上部数を算出し順位を確定。「BOOK」「コミック」「文庫」の主要3ランキングと、「新書」「ビジネス書」を毎週木曜日に発表する。今後も月曜日分の売上から翌日曜日分までの売上を週間ランキングとして集計。それらをもとに月間ランキング及び年間ランキングも発表する。

■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。



【ランキング表】 BOOK TOP30 / 文庫 TOP30 / コミック TOP30

関連写真

  • 池上彰氏の著書『伝える力「話す」「書く」「聞く」能力が仕事を変える!』(PHP研究所)が、オリコン“本”ランキングの新書部門歴代1位作品となった (C)ORICON DD inc. 
  • 池上彰氏の著書『伝える力「話す」「書く」「聞く」能力が仕事を変える!』(PHP研究所) 

オリコントピックス