アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • Superfly、『BOSS』初回放送で新曲発表 6月に1年9ヶ月ぶりアルバム

Superfly、『BOSS』初回放送で新曲発表 6月に1年9ヶ月ぶりアルバム

 ボーカリスト・越智志帆によるソロプロジェクト、Superflyの新曲「Rollin’Days」が14日、天海祐希主演ドラマ『BOSS』(フジテレビ系 毎週木・後10:00)の初回エンディングで初公開された。同曲を収録した1年9ヶ月ぶりの3rdアルバム『Mind Travel』は、6月15日に発売されることも決定した。

 2009年春に放送された前シリーズに続き、2回連続で『BOSS』の主題歌を担当する志帆は「人生は、喜びや楽しみよりも、悔やんだり苦しんでる時間の方が長いように思います。でも、一瞬光る喜びがあるからこそ、頑張れる。そんな素敵な瞬間が訪れたときは、明日からの日々のために思い切り謳歌しよう、という気持ちを込めた」と明かす。

 同曲を1曲目に収録した1年9ヶ月ぶりの3rdアルバム『Mind Travel』は、昨年NHKサッカーテーマソングとなった「タマシイレボリューション」別バージョンのほか、ゲストにおおはた雄一(ギター)、元BEAT CRUSADERSのマシータ(ドラム)、元BLANKEY JET CITYの中村達也(ドラム)、MO’SOME TONEBENDERの百々和宏(ボーカル)を迎えた各楽曲を含む全14曲。志帆は「とっても華やかで、優しく、ポジティブな作品になっています」と自信をうかがわせる。

 アルバム発売後の6月25日からは、埼玉・戸田公演を皮切りに、自身最大規模となる32都市35公演の全国ツアーをスタートする。



関連写真

  • Superfly 
  • 3rdアルバム『Mind Travel』(6月15発売)ジャケット 

オリコントピックス