• ホーム
  • 芸能
  • 4年半ぶり舞台復帰の一路真輝、“運命の人に突き進む気持ち”は 「よくわからない」

4年半ぶり舞台復帰の一路真輝、“運命の人に突き進む気持ち”は 「よくわからない」

 女優の一路真輝が11日、およそ4年半ぶりの主演舞台『アンナ・カレーニナ』の制作発表会見に出席した。同舞台のテーマである“不倫”と絡めて投げかけられた「“運命の人”と思った人に突き進んでいく気持ちはわかるか?」という質問に一路は「私はよくわからないかもしれないですね」と回答。現在奮闘中の育児については「子育てって、人生で一番大切。ひたすら子どもと闘っています」と語った。また、不倫と飲酒運転の両疑惑により謝罪コメントを寄せた夫・内野聖陽との現状については何も語らずも、今回の復帰にあたっては「頑張るように」と応援されていることを明かした。

 内野との結婚および出産を経ての本格的な舞台復帰に一路は「おこがましいのですが、復帰会見みたいで。浦島太郎のような気分です」と語った。前舞台終了後の心境は「戻ってこないという思い半分」だったという一路だが、今年3歳になる娘をはじめ家族の後押しによって「やっぱり私は、そういう場所にいたいという思いが強くなった」と再確認。「ミュージカルってどうやって作ってたっけ…」とブランクを感じつつも「初心にかえって、早くみんなの空気感に追いついて頑張りたい」と力を込めた。

 同舞台はロシアの文豪、レフ・ニコライビッチ・トルストイにより1873年に発行された同名小説の日本舞台版。貴族社会における不倫の愛を描いた内容は、形式と外見にとらわれていた当時のロシアでセンセーションを巻き起こした、

 一路とWキャストで出演する瀬奈じゅんは「シリアス情緒的でやりがいのある作品。新しい挑戦になると思うので、張り切っていきたい」と意気込んだ。また宝塚出身の一路との共演を喜び「一路さんの母性を学ばせていただくいい機会なので、これを機に吸収していこうと思います」と尊敬の眼差しを送った。

 一路が演じる主人公・アンナと不倫関係となる陸軍士官・ヴロンスキー役に抜擢された伊礼彼方は「厳粛な人妻であるアンナが惚れるほどの色男。どこまで魅力が出せるのか分かりませんが、“真の男“である山路(和弘)さんにご指導頂きながら頑張りたい」と奮起しつつ、「(ヴロンスキーは)年の割に髪が薄い。ので、どこまで剃り込みを入れようか考え中です」と笑いを誘った。

 会見にはほかに山路、演出家の鈴木裕美氏も出席しキャスト陣は劇中の扮装姿で登場した。一路、瀬奈、伊礼は劇中で披露されるミュージカルナンバーを歌唱し、会場に集まった150人の観客を酔わせた。

 舞台『アンナ・カレーニナ』は、12月25日より東京・シアタークリエにて上演。

ダルビッシュ&紗栄子の危機など 「離婚・破局騒動」ニュース一覧



【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 約4年半ぶりの復帰ミュージカル『アンナ・カレーニナ』の製作発表会見に役衣装で出席した一路真輝 (C)ORICON DD inc. 
  • 約4年半ぶりの復帰ミュージカル『アンナ・カレーニナ』の製作発表会見に役衣装で出席した一路真輝 (C)ORICON DD inc. 
  • ミュージカル『アンナ・カレーニナ』の製作発表会見に役衣装で出席した(左から)山路和弘、瀬奈じゅん、一路真輝、伊礼彼方、演出家の鈴木裕美 (C)ORICON DD inc. 
  • ミュージカル『アンナ・カレーニナ』の製作発表会見に出席した、演出家の鈴木裕美 (C)ORICON DD inc. 
  • ミュージカル『アンナ・カレーニナ』の製作発表会見に役衣装で出席した山路和弘 (C)ORICON DD inc. 
  • ミュージカル『アンナ・カレーニナ』の製作発表会見に役衣装で出席した瀬奈じゅん (C)ORICON DD inc. 
  • ミュージカル『アンナ・カレーニナ』の製作発表会見に役衣装で出席した伊礼彼方 (C)ORICON DD inc. 
  • ミュージカル『アンナ・カレーニナ』の製作発表会見に役衣装で出席した瀬奈じゅん (C)ORICON DD inc. 

オリコントピックス