アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 尾崎豊さんの長男・尾崎裕哉、ラジオで夢を語る「将来、音楽を通じて地球を救いたい」

尾崎豊さんの長男・尾崎裕哉、ラジオで夢を語る「将来、音楽を通じて地球を救いたい」

■その他の写真ニュースはこちら

 1992年4月に急死したシンガー・ソングライター、尾崎豊さん(享年26)の長男で現役慶大生の尾崎裕哉(21)が2日、InterFMで新番組『CONCERNED GENERATION』(毎週土曜 後4:30〜後5:00)をスタートさせた。注目のメディアデビューとなった番組冒頭では「俺の父は尾崎豊で、彼やさまざまな人達に影響を受けて育ちました」と自己紹介。特にマイクロソフトを辞め、発展途上国での教育支援を行う社会起業家となったジョン・ウッド氏への強い傾倒を明かし、「いつかは俺も社会起業家になろうと思ってます」という夢に向かって最初の一歩を踏み出した。

 一人称は常に「俺」。やや緊張気味に感じられたものの父親譲りの繊細な声で夢を持つことの意味や、行動を起こすことの重要性を説き、流ちょうな英語でオンエア楽曲を紹介。ボブ・マーリーの「ゲット・アップ,スタンド・アップ」、ブルース・ホーンズビーの「ザ・ウェイ・イット・イズ」を流し、2曲の共通点を「問題意識を持っていること」から、番組タイトルの「CONCERNED GENERATION=問題意識を持っている世代」について言及した。

 問題意識は「貧困、環境、人種差別」といった地球規模の大きなものから、身近なもので「いじめ、目の前で老人が困っている、友達が彼氏にフラれた」などを挙げ、「どんな問題でもその人にとってはすごい意味があって、解決するべきものがたくさんあると思います」。そして「俺が番組タイトルから言いたかったことは、別に自分の問題に意味があるならば大きいとか小さいとか考えないで、全力で立ち向かってほしい」と伝えた。

 この日は父・尾崎豊の楽曲はかけず、邦楽では「自分のなりたいヒーローについて考えていただければ」とMr.Childrenの「HERO」を選択した。「音楽で地球を救う、こんなことをしたいなと思います。これはその最初の一歩」と夢を掲げ、番組ラストでは「やーラジオって楽しいっすねえ。えーと、うーん、まぁ、俺の伝えたいメッセージが偏ってたり、上から目線だったりするかもしれないけど、2010年の尾崎裕哉が何を思ってるかみんなに伝えたかったから、ここでしゃべっています。あなたの問題意識やこれから取り組むことをみんなで共有しましょう」と呼びかけた。

オリコントピックス