アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 山本モナ、自身の口で芸能界引退を明言 来春挙式後「子どもを作りたい」

山本モナ、自身の口で芸能界引退を明言 来春挙式後「子どもを作りたい」

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 タレントの山本モナ(34)が17日、火曜にレギュラー出演する『大竹まこと ゴールデンラジオ』(文化放送 後1:00)で、かねてより交際していた男性との入籍を初めて自身の口から発表した。パーソナリティの大竹から「(仕事)やめちゃうの?」と問われた山本は「ハイ。本当にいろいろ考えた末の結論です」と即答し、改めて来春での芸能界引退を明言。引退後は「子どもを作りたい」とママになる願望を明かした。

 入籍時について「初めて見ました婚姻届。茶色いんですね。テレビドラマとかで緑色の離婚届は見ていたから…」と振り返り、引退の理由を問われても「そうですね。なんていうのかな? なんですかね。そういう考えに至ったんです。ずっと考えてたんです」と明確な発言はなく、番組中、引退について何度も「本当に一生懸命考えて出した結論」だと繰り返し強調した。

 挙式の日取りは具体的にはまだ決まってないとしながらも、来春で考えているといい「結婚式はどこか海外で。家族も呼べる近場の海外を考えるとハワイあたりかな?」と明かした。妊娠はしておらず、「春まで一生懸命仕事を頑張って子どもをつくりたい」と語り、大竹から「(政治家に)立候補はしないの?知り合いもいるでしょ?」とつっこまれるも、これは「しません」と否定していた。

 山本は入籍当日の16日付の自身のブログで、来春をめどに挙式を予定し「それを期に、家庭にはいって、彼をささえることに専念しようと思っています」と芸能界引退を示唆するメッセージを綴っていた。

幸せ満載!有名人の「結婚」関連ニュース記事一覧



オリコントピックス