• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 林葉直子さん、15年ぶりプロ棋戦対局は74手で完敗 復帰宣言はおあずけ

林葉直子さん、15年ぶりプロ棋戦対局は74手で完敗 復帰宣言はおあずけ

■その他の写真ニュースはこちら

 トップ棋士との不倫騒動などで話題を集めた元人気女流棋士の林葉直子さん(42)が28日、東京・北区の日本女子プロ将棋協会(LPSA)駒込サロンで行われた同協会公認『日レスインビテーションカップ・第4回女流棋士トーナメント』の2回戦で15年ぶりにプロ棋戦に臨んだ。主催者特別招待選手として中倉彰子女流初段(33)と対局し、74手で完敗。会見で林葉さんは長年のブランクから「今(の力)は全盛期の30%ぐらい」と本調子にはほど遠いと明かし、一時は優勢を保ったが「うっかり見落としてしまったというのがあった。調子に乗って墓穴を掘りました」と敗因を振り返った。

 林葉さんは、小6で米長邦雄永世棋聖に弟子入り。14歳で女流王将を獲得し、その後10連覇を達成。4期に渡って女流名人になるなど美人女流棋士として活躍していたが、1994年に突如「インドでサイババに会う」と言い残して失踪、翌95年に女流五段で将棋連盟を退会し、現役から退いた。その後、中原誠(当時の永世十段/昨年引退)氏と長年にわたり不倫していたことが発覚、人気棋士同士の泥沼スキャンダルで世間を騒がせ、ヘアヌード写真集出版、豊胸手術公表、作家・占い師への転身、自己破産など、まさに“波乱の人生”を歩んでいる。

 なかでも、1998年の不倫騒動は世間の大注目を浴び、中原氏が林葉さんへの電話で話した「突撃しま〜す!」というフレーズは、何度もワイドショーなどで取り上げられ流行語に。この日の会見でも林葉さんは「同業者と不倫しちゃいけない。これに限ると思いますよ」としみじみ話した。大好きだった将棋の駒も引退してからの15年間、全く触っていなかったといい、将棋盤を譲り渡し、将棋中継も観ず、対局準備も「5月の復帰報道後に本で詰め将棋をしていた程度ですね」とあっけらかんと話した。

 プロ入り前からの“憧れの存在”を前に「緊張しました」という中倉女流初段の隣で、林葉さんは対局を振り返り「ちょっとしたことが読めなくなった。単純な手に全然気づけなかった」とブランクを痛感。自らを“ポンコツ車”と揶揄し「もっと修理しないと。しばらくはアマチュアで練習するのも1つの手かな」と、復帰に前向きな面ものぞかせた。協会や連盟に所属していないため、今後も女流の公式戦には原則として出場することができないが、今後は「ファンの方と今度、交流する場所があるので、そこでの声を聞いてからにしたい。もう少し、考えさせてくださいね」と進退を保留した。

【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 『日レスインビテーションカップ・第4回女流棋士トーナメント』の2回戦対局終了後の会見に出席した林葉直子さん 
  • 『日レスインビテーションカップ・第4回女流棋士トーナメント』の2回戦対局終了後の会見に出席した林葉直子さん 
  • 『日レスインビテーションカップ・第4回女流棋士トーナメント』の2回戦対局終了後の会見に出席した林葉直子さん(右)と中倉彰子女流初段 
  • 『日レスインビテーションカップ・第4回女流棋士トーナメント』の2回戦対局終了後の会見に出席した林葉直子さん(右)と中倉彰子女流初段 
  • 『日レスインビテーションカップ・第4回女流棋士トーナメント』の2回戦対局終了後の会見に出席した中倉彰子女流初段 

オリコントピックス

 を検索