• ホーム
  • 芸能
  • flumpoolのボーカル・山村隆太が6月に手術 喉のポリープ摘出で数か月間静養へ

flumpoolのボーカル・山村隆太が6月に手術 喉のポリープ摘出で数か月間静養へ

■その他の写真ニュースはこちら

 人気ロックバンド・flumpoolのボーカル・山村隆太が6月にも喉のポリープを摘出する手術を行い、数か月間静養することが29日、わかった。この日、メンバーは全国ツアーの初日(東京・渋谷)でこの件には触れなかったが、5月5日放送のTOKYO FM系『SCHOOL OF LOCK!』(月〜金 後10:00)で、山村自らがファンに報告するという。

 山村は2月下旬、ツアーのリハーサル中に喉の違和感をうったえ病院で受診。2008年のデビューした頃に喉を検査した時にポリープは見つかっていたものの、バンドの人気が火がついたこともあり、多忙なスケジュールを過ごす日々が続いいていた。今回、開催中の全国ツアー最終公演(6月5日 沖縄)の後、手術を受けることにした。

 この日のライブでは、新曲「reboot〜あきらめない詩〜/流れ星」を6月23日にリリースすること、12月にはアリーナ公演が予定されていることを発表。山村は「たくさんの方々に来て頂いて、めっちゃ嬉しい! 4月から新しい生活が始まって、色々な迷いとか不安とかあると思うけど、今日からまた一歩踏み出そう!」と元気にコメントした。



オリコントピックス