• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 漫才コンビ・なすなかにし、結成9年目でコンビ名「いまぶーむ」に“正式”改名

漫才コンビ・なすなかにし、結成9年目でコンビ名「いまぶーむ」に“正式”改名

■その他の写真ニュースはこちら

 漫才コンビ“なすなかにし”が6日、コンビ名を“いまぶーむ”に改名した。火曜レギュラーを務める情報番組『PON!』(日本テレビ系 月〜金 前10:25〜)のオープニングで報告し、所属する松竹芸能の公式サイト及び自身のブログでも同日発表した。所属事務所によると、そもそもずっと仮のコンビ名のまま活動を続けていたそうで、結成9年目で初めて正式名称が決まった。

 改名のキッカケは、同番組スタッフや事務所の先輩コンビ・ますだおかだ岡田圭右らと会食した際、「コンビ名がわかりづらい」という指摘を受け、2人がそれを承諾したことから。その場でいくつか候補を出し合い、最終的に「いまぶーむ」に落ち着いた。イントネーションは「ま」を強調するらしいが、事務所関係者によると「現状、はっきり決まっていない」。表記も岡田からはカタカナを勧めたが「画数占いでカタカナだと字画が最悪だった」ことから平仮名となった。

 番組終了後にコンビの公式ブログを更新した2人は「なんやかんやありまして改名しました。なすなかにし改めまして いまぶーむ です。なんやかんやの理由はまたどこかでお話しいたしましょう」と改めて報告。その直後の更新でも「ちなみに街中で なすなかにしって言われても一応チラ見はしますよ。長い間なすなかにしでやって来ましたから違和感はありますが(中略)ロン毛の人が坊主になった違和感みたいなものです」と改名後の心境を説明している。

◆関連ニュース お笑い芸能活動

オリコントピックス

 を検索