ジョン・レノン命日ライブ 清志郎さん“復活”に1万1000人が熱狂

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 ジョン・レノンの命日である12月8日恒例のライブイベント『Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ2009』が今年も東京・日本武道館で開催され、奥田民生ら全14組20名が豪華共演を果たした。9回目の今回は、オノ・ヨーコが4年ぶりにソロで歌声を披露し、初出演の俳優・松山ケンイチがジョンの代表曲「LOVE」や「IMAGINE」を自身初となる詞の朗読で魅了。さらに今年5月に亡くなった忌野清志郎さんがホログラム式の映像演出で“降臨”するなど、1万1000人の観客を熱狂の渦へといざなった。

 昨年は女優の宮崎あおいが務めた詞の朗読に、松山は「こんな大舞台に呼んでもらって光栄」と緊張した面持ちで深々とお辞儀。「僕のやってるドラマや映画の仕事って“大きなこと”の歯車だと思う。このライブの歯車になれることは、僕にとって大きなことです」と語り、一語一句をかみ締めながら読みあげた。

 忌野さんは「ジョン・レノンに影響を受けた」という生前のコメントと共に、特殊な映像技術を駆使してステージ上に登場するや「ここにいるぜぇ〜」とギターをかき鳴らすパフォーマンス。“天国はない”“夢かもしれない”と「IMAGINE」を熱唱する姿が観客を釘付けにし、続けて初出演した泉谷しげるが「忌野の代わりに出てくれって言われたけど、生きてるじゃねぇか!」と観客をあおった。

 ライブの提唱者であるヨーコは「Your Hands」の初パフォーマンスや「Give Peace A Chance」のダンスミックスを生披露。最後は吉井和哉Cocco松本素生GOING UNDER GROUND)、浅井健一BONNIE PINKLOVE PSYCHEDELICOLeyona、ROCK‘A’TRENCHら出演者全員で「All You Need Is Love」などを熱唱して締めくくった。

 同ライブは、ジョンを敬愛するアーティストが集い、売上金から世界の恵まれない子どもたちに学校をプレゼントするチャリティ企画。アジア、アフリカの貧困の現状と共に、これまでに22ヶ国で85校が建設されたことが、俳優・山崎努と娘でモデルの山崎直子の親子によるナレーションで紹介された。


 浅井健一泉谷しげる奥田民生CoccoBONNIE PINKGOING UNDER GROUND吉井和哉YOSHII LOVINSONLOVE PSYCHEDELICOLeyona忌野清志郎

【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 『Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ2009』 (C)ORICON DD inc. 
  • 松山ケンイチ=『Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ2009』 (C)ORICON DD inc. 
  • 1万1000人が熱狂=『Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ2009』 (C)ORICON DD inc. 
  • ライブのオープニングを務めた吉井和哉(左)、奥田民生 (C)ORICON DD inc. 
  • ライブのオープニングを務めた吉井和哉(左)、奥田民生 (C)ORICON DD inc. 
  • (写真左より)奥田民生、オノ・ヨーコ、吉井和哉 (C)ORICON DD inc. 
  • 『Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ2009』 (C)ORICON DD inc. 
  • 『Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ2009』 (C)ORICON DD inc. 

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索