アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • アヤパン&ナカミーの音楽ユニットがファン2000人の前で“生歌”初披露!

アヤパン&ナカミーの音楽ユニットがファン2000人の前で“生歌”初披露!

■その他の写真ニュースはこちら

 フジテレビの人気アナウンサー・高島彩中野美奈子による早朝アイドルユニット“Early Morning”(アーリーモーニング)が17日、新曲「かみさまでもえらべない。」のお披露目イベントを都内で行った。約2000人のファンとプロデュースを担当した歌手・槇原敬之の前で生披露した高島アナは「こんなにお客さんがいるのが見えなかったので、舞台に出て見てすごく緊張しました」。中野アナも「第1弾とは、やる気と練習量が違う!」と自信をのぞかせる。

 同ユニットは、日曜深夜の人気バラエティ番組『アナ★バン!』から誕生。2人が早朝から出社していたことから“Early Morning”と命名された。第2弾となる新曲「かみさまでもえらべない。」は、2人が毎年必ずコンサートに行くほど大ファンだという槇原敬之が、仕事と恋のはざまで揺れる“アラサー”女性をテーマに制作した。

 高島アナは「曲を作っていただく前に、槇原さんに私と美奈ちゃんが話したメモを渡したのですが、暗い内容で、崖の下にザブーンという感じでしたが、槇原さんが素敵な曲にまとめていただきました。私たちの心をどうしてこんなにわかっているのでしょう? という感じです」と、すっかりほれ込んでいる様子。レコーディング前にボイストレーニングに行くなど、気合十分の中野アナも「レコーディングの時にブースの向こうに槇原さんと彩さんが見えたのですが、彩さんは“おいてけぼり”だけど、自分が選んだんだなぁ…と感じました」とエピソードを披露し笑いを誘った。

 またこの日、2人の晴れ舞台を見守った槇原も「言うことがないほどすばらしかったです。2人の親族みたいな気持ちで、ドキドキハラハラしました!」と大絶賛。5月に発売された同ユニットのデビューシングル「おいてけぼりのThirty」は、5月11日付週間シングルランキングで歴代アナウンサー最高位となる12位(オリコン調べ)を記録しているだけに、今作で更なる“高み”を目指していくことになる。

 Early Morningの新曲「かみさまでもえらべない。」は、9月22日に発売。




 槇原敬之

オリコントピックス

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019