“跳べないイルカ”ラッキーくんが死去

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 東京・品川プリンスホテル内の水族館『エプソン品川アクアスタジアム』で“跳べないイルカ”として親しまれたカマイルカ「ラッキーくん」が2日午後8時30分、胃重責ため死去したことが4日、わかった。同社がFAXで発表したもので、同水族館に移ってから約4年で、推定生存年数は17〜18年。

 同水族館では唯一のオスイルカのラッキーくんは、一番の怖がりで運動音痴だったため、パフォーマンスをなかなか覚えられなかったという。懸命に跳ぼうとする姿は多くの観客から共演を集め、一躍人気者となった。

 来場者がラッキーくんへの思いを綴れるよう、同所のイルカプール内に「ラッキー思い出コーナー」を31日まで設ける。



里田、イルカと知能 「五分五分」?


関連写真

  • 『エプソン品川アクアスタジアム』のラッキーくん 
  • 生前は仲間と共に観客を楽しませた 
タグ

オリコントピックス