• ホーム
  • 芸能
  • 邦画に軍配、“最恐”映画ランキング1位『リング』2位『呪怨』

邦画に軍配、“最恐”映画ランキング1位『リング』2位『呪怨』

■世代別“最怖”映画ランキング・作品へのコメント一覧


 見たいけど、怖い・・・怖いけど見たい! ホラー映画。今回発表されたオリコン『恐怖特集 最も恐かったホラー映画ランキング』では、邦画と洋画の新旧作品が入り混じりながらも、邦画に軍配が上がった。1位は“貞子”が怖すぎる『リング』、2位には白肌の少年“俊雄”が不気味すぎる『呪怨』、3位に1973年に公開された洋画『エクソシスト』がランクイン。5位の『13日の金曜日』には「初めて観たホラー映画だから」(大阪府/40代/男性)と、幼いころに受けた強烈なインパクトが忘れられないようだ。

 1位は“ジャパニーズホラー”の立役者、日本のホラー映画界の鬼才・中田秀夫監督の出世作『リング』(1998年公開)がダントツ。「貞子がテレビ画面から出てくるところが怖かった」(兵庫県/40代/女性)、「貞子が井戸からはい出てくるシーンは怖い」(埼玉県/専門・大学生/女性)と、キーパーソンとなる“貞子”に票が集中した。

 続く2位には『リング』の翌年に登場した清水祟監督の『呪怨』。惨殺された母の無念やその場所に滞る怨念など、日本作らしい “呪い”を扱った作品だが、「子供の幽霊の現れ方に寒気がした」(香川県/30代/男性)という意見が多数。ストーリーはもちろんだが、全身白塗りの少年・俊雄が放つ“いびつ”な存在感が大きな要因となっている。

 そして3位に登場したホラー映画の金字塔『エクソシスト』は、1973年の公開当時、女の子の首が“180度回転する”異様なシーンが大きな反響を集めた。同じく70年代の作品では7位『オーメン』、80年代作品では問答無用の殺人鬼“ジェイソン”が登場する5位『13日の金曜日』、8位『シャイニング』、そして9位に『チャイルドプレイ』と名作が続々とランクインしている。

 新作よりも旧作が圧倒的に支持された今回のランキング。しかし、今年も『呪怨』シリーズの最新作『呪怨 白い老女』『呪怨 黒い少女』や『学校裏サイト』がすでに公開され、今月は『吸血少女対少女フランケン』の公開も控えている。新旧の作品を観比べ、ホラー映画の進化を確かめてみてはどうだろう。

【調査概要】
調査対象:自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の中学/高校生、専門/大学生、20代社会人、30代、40代の男女各100人 合計1000人
調査期間:2009年7月9日(木)〜7月14日(火)
調査方法:インターネット調査

■戦慄!!恐怖・ミステリー特集2009

【最も恐かったホラー映画ランキング】




■禁無断複写転載
※オリコンランキングの著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。




ケータイ小説『学校裏サイト』映画化


オリコントピックス