アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 愛染恭子の“伝説”のデビュー作『白日夢』が28年ぶりリメイク

愛染恭子の“伝説”のデビュー作『白日夢』が28年ぶりリメイク

■その他の写真ニュースはこちら

 1981年の公開当時、俳優・佐藤慶と愛染恭子の大胆な性描写が大きな反響を呼んだ映画『白日夢』(原作・谷崎潤一郎)が、新人女優・西条美咲主演で28年ぶりにリメイクされることが1日、わかった。愛染が自ら監督を務め、“濡れ場”の相手役には俳優の大坂俊介を起用。愛染監督は西条に対し「体の動き、手の位置、腰の動き、顔の表情にいたるまで、私が今まで身に付けてきたものを全て美咲さんに授けた」と自信をのぞかせている。

 大正から昭和に活躍した文豪・谷崎潤一郎の処女小説発表から100周年を前に、代表作『白日夢』が3度目の映画化。過去、武智鉄二監督が1964年と81年に映画化しており、特に81年作品は愛染が女優デビュー作品ながら、いわゆる“本番行為”の撮影に臨んだと社会的な話題となった。今回、愛染が挑んだ主人公を演じる西条は、7月23日から上演される舞台『新宿ミッドナイトベイビー』で女優デビューにしていきなり主演を務めるシンデレラガールだ。

 最新リメイク版は、西条演じる主人公の葉室千枝子が、大坂演じる警官・倉橋の想像上の“架空の人物”として描かれるなど現代風のストーリーにアレンジ。西条は、倉橋をはじめ登場人物を次々に色仕掛けで陥れる“悪女”として、鳥肌実、坂本真など3人の男性とのハードな濡れ場をこなし、大坂との濡れ場は3回に及ぶ。

 大阪も「この映画の台本を頂いた時、本当に自分にこなせるかどうか不安だった」というが、「警官の人はどのような言葉遣いをするのか、どのように市民と接するのかを直接聞いてみたりして」役作りした。過去に何度が映画出演を果たしているが、主演は今回が初めてで「プレッシャーに押し潰されそうになった」とも。谷崎作品への出演には「感無量。たくさんの人に観て頂ければ」と強く意気込む。

 リメイクにあたり、いまおかしんじと共同で監督を務めた愛染は「最初は武智監督の撮った『白日夢』を私が撮れるだろうかというプレッシャーが強くて、不安ばかり」だったという。「まず主演の女優を選ぶことに時間をかけました。多くの女優さんと会いましたが、一人だけ“この女優しかいない!”」と西条を見初めた。

 さらに愛染監督は「撮影前にも何度も何度も、激しい濡れ場のリハーサルを妥協しないで入念に繰り返しました。美咲さんはとても真面目で吸収力も早くて、撮影現場でも問題なかったことがとても楽でした」と振り返る。今回の『白日夢』では「美咲さんの妖艶な魔女的な美しさを多くの皆さんに是非、観てもらいたいと思っております」と、自身の“後継者”としても西条に多大な期待を寄せている。



【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 体当たりの演技を披露する西条美咲と大坂俊介 
  • 映画『白日夢』で激しい濡れ場にも挑戦する西条美咲と大坂俊介 
  • 映画『白日夢』で激しい濡れ場にも挑戦する西条美咲 
  • 映画『白日夢』で激しい濡れ場にも挑戦する西条美咲と大坂俊介 
  • 映画『白日夢』で激しい濡れ場にも挑戦する西条美咲 
タグ

オリコントピックス