• ホーム
  • 芸能
  • “ロックな人”ランキングTOP3に、忌野、矢沢、内田

“ロックな人”ランキングTOP3に、忌野、矢沢、内田

■ランキング表はこちら

 本日6月9日は、その語呂からロックンロールを愛する人たちによって定められたとされる“ロックの日”。この記念日に合わせ、オリコンでは10〜40代の男女を対象に、活動や生き方などあらゆる面で『ロックだと思う人』について、アンケート調査を実施。その結果、1位は2009年5月2日に惜しくも他界した故・【忌野清志郎】さん、2位に【矢沢永吉】、3位に【内田裕也】が続き、日本を代表する反骨のロッカーたちの名前があがった。

 1位は、自分の信念を貫く音楽、奇抜なメイクやファッションなど、センセーショナルな活動の数々で日本の音楽シーンに絶大な影響を与えた【忌野清志郎】さん。「愛に溢れた人。曲や考え方など、何においてもカッコ良かった」(福岡県/10代/女性)、「最後まで自分の生き方を押し通した人だから」(北海道/40代/男性)という声がほとんどで、世代を超えて愛された“ロックの神様”の足跡は、この先も永遠に語り継がれていくことだろう。

 続く2位となったのは、約2年半という短い活動期間ながら、今なおその功績が伝えられるバンド・キャロルとしてデビュー。その後、ソロデビューを果たし、1977年には日本人のロックアーティストとして初めての武道館公演を行ったことでも知られる【矢沢永吉】。音楽性や佇まいはもちろんだが「著書『成りあがり』を読んでスゴイと感じた。見た目や音楽だけじゃなく中身がロック」(千葉県/40代/女性)と、彼から溢れ出る一貫した“ロック魂”を感じ取っている人が多かった。

 3位にランクインしたのは、【内田裕也】。御歳69歳ながら、金髪ロングヘアーという出で立ち、世間を賑わせる活動や発言から「周りに惑わされずに一途に生きる姿勢は、まさに日本を代表する存在だと思うので」(兵庫県/40代/男性)、「『ロックンロール』という口癖、『シェケナベイベー』という名言、そして今年70歳とは思えない奇抜なファッションをしているので」(大阪府/20代/男性)という意見がズラリと並んだ。

 TOP3は熟年のロッカーたちで占めたが、妖艶な独特の世界観を持つ【Gackt】が5位に。「見た目もオーラからもロックを感じるから」(埼玉県/20代/女性)と、昨年から頭角を現した【DAIGO】が8位に。また、紅一点9位にランクインしたのは【土屋アンナ】で、「一児の母でありながら、それを感じさないカッコ良さがある」(東京都/20代/女性)、「体からロックなエネルギーが溢れ出している」(埼玉県/20代/女性)と、特に同性からの支持が厚かった。

【調査概要】
調査対象:自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の10代、20代、30代、40代の男女、各150人、合計1200人
調査期間:2009年5月14日〜5月18日
調査方法:インターネット調査


順位人名リリース
一覧
シングル
売り上げ
忌野清志郎
矢沢永吉
内田裕也
泉谷しげる
Gackt
尾崎豊
甲本ヒロト(ザ・クロマニヨンズ)
DAIGO(BREAKERZ)
土屋アンナ
長渕剛

■6月9日は“ロック”の日!『ロックだと思う人ランキングを発表』

■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部(ランキング販売について)までお願いいたします。



 忌野清志郎矢沢永吉泉谷しげるGackt尾崎豊甲本ヒロトザ・クロマニヨンズ土屋アンナ長渕剛



オリコントピックス