• ホーム
  • 芸能
  • 「せんとくん」ソックリのTKO・木下、遂にオフィシャルサポーターに就任

「せんとくん」ソックリのTKO・木下、遂にオフィシャルサポーターに就任


■その他の写真はこちら

 お笑いコンビのTKOが4日、奈良県を中心に開催される『平城遷都1300年祭』のマスコットキャラクター・せんとくんのオフィシャル応援隊に就任し、都内で行われた委嘱式に出席した。せんとくんにソックリな木下隆行は、普段から“子供”であるはずのせんとくんのモノマネをする際、勝手に「どうもこんにちは」と低い声であいさつしていることを本人に明かすと、ジェスチャーでNGを出され、ガックリと肩を落とした。

 同イベントは、平城遷都1300年を記念し、日本初の本格的な首都であった平城京で生まれた歴史文化を理解し、未来へ伝えていくことを目的としており、来年1月1日から12月31日までの1年間開催される。相方の木本武宏は、「奈良での営業は優先的にスケジュールを切っていきます。スーパーでもなんでも行きます!」と力強くPRした。

 雑誌で初めてせんとくんを見た時、あまりにそっくりで「俺や!」と叫んだほどだという木下は、本物のせんとくんに初対面し、喜びもひとしお。木本が昨年秋頃からモノマネを続けてきたと明かすと、木下は「初めは(関係者の)誰か怒っているんじゃないかと思ってたけど、こういう形(サポーター)になって『良かったんだ』と喜びに変わった」と胸をなでおろしていた。

 『平城遷都1300年祭』を前に250日前イベントとして、24日(金)〜26日(日)に奈良・平城京跡で『平城遷都祭 2009』が開催される。

 



【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • あまりにソックリでサポーターに就任したTKO・木下隆行(左)と本物のせんとくん(右) 
  • せんとくんから12個のポーズを伝授されるTKO木下 
  • TKO・木下隆行 
  • TKOとせんとくん 
タグ

オリコントピックス