アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 狩野英孝、実家の神社に初詣客が5000人! 感謝を込めた凱旋ライブも

狩野英孝、実家の神社に初詣客が5000人! 感謝を込めた凱旋ライブも

■その他の写真はこちら

 ホストキャラで人気のお笑いタレント・狩野英孝が1500年も続く神社の跡取り息子ということは知られているが、現在その神社には多くの参拝客が訪れ大盛況だという。狩野は、13日(火)付の自身のブログで「実家の神社に初詣に来ていただいた人数がなんと…5000人を超えたらしいです(☆o☆)す、すごい…(>_<)」と綴っている。家業を捨て、お笑いタレントとして掴んだ人気で、最高の親孝行が出来たといえるだろう。

 狩野の実家は、約1500年続いているといわれる櫻田山神社(宮城県栗原市)。父親が現在の神主を務めており、狩野自身も同神社の39代目神主として家業を継ぐ予定だったが、反発し芸人の道へ。昨年から自称イケメンのナルシストキャラを確立し、「ラーメン・つけ麺・僕イケメン」「スタッフゥー、スタッフゥー」などのギャグでブレイクを果たした。

 狩野のブレイクと共に、実家の神社と神主である父親、そして母親もテレビでも紹介されることが多くなり認知度が高まった。そんな櫻田山神社に今年は計5000人の初詣客が訪れた。狩野は「皆さん、本当にありがとうございますm(u_u)m 参拝に来ていただいた皆さん 2009年いい年になるよう ボクも、神様に祈っておきます!」と感謝のコメントを綴っている。

 また、狩野は今回のお礼として「久しぶりに、休みをもらい4月12日に実家の櫻田山神社に行ってお礼LIVEをしようかなって思ってます(^-^;)まだ先の話しですがもし、時間に都合のいい方は遊びに来て下さい(^-^)ノ」と凱旋ライブの開催を宣言。以前は反発していた神主に対しても、昨年『オーラの泉』(テレビ朝日系)にゲスト出演した際に江原啓之、美輪明宏に説得され、神主の資格取得を決意するなど、心境の変化が現れているだけに、今後は、お笑いタレント兼 神主という新たなスタンスを確立するかも知れない。





タグ

オリコントピックス