DJ OZMAが年内で引退 2代目DJ OZMA誕生へ

■その他の写真はこちら

 歌手のDJ OZMAが27日(木)、都内で会見を開き「私、DJ OZMAは2008年いっぱいをもちまして芸能界を引退させていただきます」と発表した。初代OZMAは年内で引退、俳優・槙精吾が2代目DJ OZMAを“襲名”する。OZMAは「重大緊急記者会見」と銘打って報道陣を集めたが、引退発表後の静かな会場の様子をみて「やっぱりあんまり重大じゃなかったかな」と笑わせた。

 OZMAは、人気コンビ・とんねるずと“共同プロデュース”という形で結成したユニット・矢島美容室が10月29日に発売したシングル「ニホンノミカタ -ネバタカラキマシタ-」(12/1付ランキングで売上7.7万枚)が「100万枚売れなかったら引退する」と宣言していたが、当の本人は「売れなかったらやめるという矢島美容室の件はまったく関係ない」と強気。楽曲提供者として「むしろ手応えを感じた」と説明した。

 これまでの活動を振り返り「こんなはずではなかったんです。正直もっと当たると思ってました」。そして「通じないな、自分のキャパが小さいなとうすうす感じていた。今月の頭、ケリをつけるなら今しかないと思った」と引退を決意、後進にOZMAを託した。

 エイベックスへの移籍を表明したばかりだけに、報道陣から早すぎる引退を突っ込まれると「契約金で8億もらったけど、昨日松浦(勝人)社長にお返ししてきました」と笑いを誘い「『マジ良く来てくれたねー!』とか移籍パーティーをしてくれるかと思ったけどなかった。浜崎あゆみさんにもEXILEにも安室奈美恵さんにも会えないままエイベックスを去る形となるとは…」とミーハーモードで悔しさをにじませた。

 初代OZMAとしての活動は、移籍後初のシングル「MASURAO」を来月3日に発売後、13日(土)に横浜アリーナでラストライブを開催。大みそかに発売するアルバム『I LOVE PARTY PEOPLE3』をもって引退し「来年はしばらく旅をしてみようかな」。旅をしつつ「音楽業界を裏からバックアップしていければ」と話した。

 跡目については「2代目を譲るなら誰かなーって考えたとき彼が浮かんだ。2代目には“清く正しく美しく”をテーマに明るいニュースを届けられるように、実直で勤勉な彼を選んだ。音楽はまったくやったことないけど、持ち前の明るさでやっていってほしい」とエールを送った。2代目DJ OZMAは来年1月1日より正式に活動を開始し、シングル発売とライブツアーを行う予定。

◆DJ OZMAが主題歌を歌う映画
「特命係長 只野仁 最後の劇場版」←音が出ますのでボリュームに注意


 DJ OZMA氣志團浜崎あゆみEXILE安室奈美恵

【動画】リリースコメント「ニホンノミカタ −ネバダカラキマシタ−」

【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 2代目DJ OZMAを“襲名”する槙精吾と引退を表明した“初代”DJ OZMA 
  • 初代DJ OZMAグループ 
  • メンバーも新しくなった2代目DJ OZMAグループ 
  • 2代目DJ OZMAに“襲名”する槙精吾 
  • 年内引退&DJ OZMAの名を譲ることを発表した“初代”DJ OZMA 
  • 2代目DJ OZMAグループの新メンバー夜王“PRINCE”純二 
  • 初代から2代目への移行メンバーPANCHO 

オリコントピックス

メニューを閉じる