ガッキー、ハダシでナマ歌初披露

■その他の写真ニュースはこちら

 今週5日(水)にアルバム『そら』で歌手デビューを果たした女優・新垣結衣が7日(金)、テレビ朝日系『ミュージックステーション』に出演。待望のナマ歌初披露で、レコーディング時と同様にこの日もハダシで、現在大ヒット中の主演映画『恋空』の挿入歌「heavenly days」を緊張気味に歌いあげた。

 番組冒頭で司会のタモリから出演の感想を聞かれると「生(放送)が苦手なので、生ということを忘れてやります」と笑顔。この日は同じ沖縄出身で「好きなアーティスト」として名前を挙げていたCoccoも出演しており、ハダシ共演が実現した。なお、トークコーナーでは「元々SPEEDに憧れてて、(SPEEDを輩出した)アクターズ・スクールのオーディションも受けました」と明かし、歌番組出演については「緊張しますけど、いい記念。いい思い出を作って帰ろうかと」と笑顔で、歌い終えた後は「歌詞を間違えなくて良かったです」と“新人歌手”ならではのコメントを残した。

■特集・新垣結衣『世代を超えて大人気の“ガッキー”がCDデビュー』

■2007年はガッキーの年!新垣結衣のブレイクまでの足跡をたどる

■アルバムランキングは超大物とルーキーの初対決!

■芸能・音楽・お笑い・流行りもの全て見せます!2007年エンタメ総決算!!

タグ

オリコントピックス