アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 今度はセコンドだって! 越中詩郎、ケンコバと共闘か!?

今度はセコンドだって! 越中詩郎、ケンコバと共闘か!?

 従来のプロレスファンの枠を飛び越えブームとなっている48歳の孤高のプロレスラー・越中詩郎と、そのブームの仕掛人であるケンドーコバヤシとの共著『やってやるって!!』が今月3日に発売され、15日(日)に都内で出版記念握手&撮影会を行った。

 元々はケンコバが今年1月に『アメトーーク!』(テレビ朝日系)に“越中詩郎芸人”として出演したことがキッカケ。ファイトスタイルを奇抜にモノマネし、越中独特のマイクパフォーマンスの口調などを紹介。「〜って!」という語尾が話題を呼び、さらに越中自身が更新するブログも人気に。その流れを受けての出版に越中は「ケンコバが火をつけてくれてここまでなるとは・・・」。さらに自身のモノマネの感想を「いや〜なんとも。照れ臭いし、俺あんなこと(動き)やってんのかなって」とポツリ。

 ケンコバについては「意外と好青年で、コンビでなくピンですから頭の回転もいいなと思います」と評価。機会があればタッグ結成?という問いには「彼は忙しいですから。機会があれば組んでみたい。(IWGPのベルトを)とれませんでしたからね。夏に大きい試合もあるし、そのときは(セコンドに)来てもらって・・・でもあいつ忙しいですから!」と遠慮気味にラブコール。

 一方のケンコバは会見には姿を見せなかったが、握手会が始まると急遽乱入・・・するも特にパフォーマンスやコメントもなく「本屋行ったら置いてあってビックリした」と言って、あとはファンとの記念撮影に応じていた。

人気お笑い芸人達が結成した究極のプロレスごっこ集団が登場

関連写真

  • 越中詩郎 
  • 越中詩郎&ケンドーコバヤシ 
  • ファンと交流 

オリコントピックス