• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)

吉本株主総会「例年にない、ピリピリした雰囲気だった」

 大手芸能プロ・吉本興業の第87回定時株主総会が6月26日(水)、大阪市内で行われ、前年を200名ほど上回る多い758名の株主が姿を見せた。週刊誌などで報道された使途不明金などに質問が殺到し、終了まで、1時間50分を要する形となった。これまでは1時間程度だったという。会場を立ち去る株主は「ピリピリした雰囲気だった」と、例年にはない様子を語った。

 会場の外で取材に応じた株主の話によると、冒頭で議長を務めた吉野伊佐男・代表取締役社長から「お騒がせして申し訳ございませんでした」と陳謝があり、関連会社『ファンダンゴ』の上場廃止の経緯、使途不明金の説明などに質問が集中したという。

 総会終了後には、報道陣40名ほどの前に吉本興業の広報、財務経理担当の責任者が取材に応じ「使途不明金に関しては、7月末に弁護士などで形成された調査委員会から最終報告を出すと説明しました」と語り、『ファンダンゴ』については「誤った報道でご心配をおかけした」と説明。さらに「不正流出も、暴力団との関係も一切ありませんと断言しました。多くの質問に対しても「手が上がらなくなるまで行い、途中で打ち切るようなことはしなかった。(中田カウスの暴力団との関わりは)議長(=吉野社長が)ここで話すべきことではない。でも、(関係は無いので)ご安心くださいと話した」と述べた。

 さらに週刊誌にも登場した創業者サイドの1人、林マサ氏の動向に注目が集まったが「質問もなかったし、会場では姿を確認できなかった」(吉本興業広報)。開始前には、特別顧問を務め個人株主の笑福亭仁鶴が会場に姿を見せたという。また、総会後にはブラックマヨネーズ、おかけんた・ゆうた、新喜劇などの“観劇タイム”のなかに、中田カウス・ボタンも登場する予定だ。

幸せな結婚生活に欠かせないものは?

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

ワンクリック投票

あなたの注目コスプレはどっち?
ワンクリック投票に参加する

 を検索