• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム

オトコが求める家庭料理ランキング

■調査結果はこちら

 夫を仕事からまっすぐ家に帰らせるには妻の美味しい手料理が欠かせない、なんてよく言われる。奥さんが料理嫌いだったり、得意ではなかったりすると、夫の足はそのまま飲み屋やレストランへ……なんていうことにもなりかねない? ORICON STYLEでは、未婚・既婚問わず男性を対象に「奥さんに作ってもらいたい料理」のランキングをリサーチした。

 第1位は「肉じゃが」。理由としては「家庭料理の定番」という意見が多かったが、中には「これで料理の上手い下手が分かるような気がするので」(30代既婚/大阪府)「煮物がうまい人は他の料理もうまく作れそう」(20代未婚/埼玉県)「これがおいしければカレーも旨い」(20代未婚/高知県)といった“肉じゃがが上手=他の料理も上手”と考えている人が意外と多いことも判明。肉じゃがを制するものは他も制する?

 2位はこちらも家庭料理の定番「カレー」。しかし肉じゃがと微妙に違うのは一番多い意見が「好きだから」だったこと。さらに「家で食べるカレーがおいしいとうれしいから」(10代未婚/神奈川県)「我が家のカレーライスが最もおいしいと感じるため」(40代既婚/愛知県)といった、“我が家のカレー”というものに対する熱い愛情のコメントも目立った。とにかく男性の多くがカレー好きであることは間違いなさそうである。

 以下多かった意見としては「ハンバーグ」「オムライス」「パスタ」「味噌汁」といったラインナップ。理由としては「味噌汁」が「基本の料理だと思うから」(20代未婚/埼玉県)「日本人の朝食の定番だから」(10代未婚/愛知県)といった理由が主だったのに対し、他3つは「好きだから」「好物だから」といった理由がほとんど。

 つまり男性が“妻”に求める料理は「定番」と「好物」というのが必須条件といえるかもしれない。

 しかし意外と多かった「何でもいい」という意見も見逃せない。「愛する人に作ってもらえるならなんでもいいです」(10代未婚/静岡県)「愛情がこもっている料理ならば何でも嬉しい」(20代未婚/神奈川県)こちらは“愛”を求めるロマン派のご意見。一方「うまいものだったら何でも良い」(40代既婚/秋田県)「おいしければ何でも」(30代未婚/東京都)というこちらは“味”を最重視する現実派も。

 妻の手料理には「定番」と「好物」に加え、「愛」と「味」も大切なようである。

(2007年3月26日〜3月29日、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の、10代、20代、30代、40代の男性各125人、合計500人にインターネット調査したもの)




■オススメのグルメ情報はこちら←全国エリアに対応!


オリコントピックス