• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)

両さんとルパンに会社はお任せ!?

■ランキング表はこちら

 仕事を進めるモチベーションの1つに、上司のキャラクターというものがある。上司、特に社長がどんな人間なのかによって、仕事への意欲も左右される。「この人の下なら安心できる」「この人の下なら仕事が楽しくできる」と思われるような社長とは、どんなキャラクターなのだろうか。ORICON STYLEは、「この人が社長だったら面白いと思う“マンガのキャラクター”」をリサーチしてみた。

 1位に選ばれたのは、【両津勘吉】。驚異のロングランを誇る連載マンガ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』に登場する、ハチャメチャだけど人情味のあるキャラクターだ。驚くべき身体能力に加え、意外な分野に深い知識を持つ知性派としての一面も持つ。女性では6位だったが、男性では1位と、男性から圧倒的な支持を受けて、総合でもトップに輝いた。

 2位は【ルパン三世】。原作マンガではエッチなキャラとして描かれていたが、連続TVアニメ、劇場映画では“頼れる二枚目”“ちょっとお茶目な兄貴分”のようなイメージが定着。こちらは、男性、女性ともに3位と、ともに高い支持を受けてのランクインだ。

 女性からの支持が高かったのは、総合4位の【坪井千夏】で、女性では1位、男性では9位という結果に。
 『ショムニ』に登場するお姉さまキャラだが、こちらも原作とTVドラマではキャラの性格付けがだいぶ違う。原作が男性誌に連載されていたことを考えると、女性1位という結果は、江角マキコが演じたTVドラマの影響を強く受けての結果かもしれない。姉御肌で何でも解決してしまう行動力が、社長に最適と思われているようだ。

 ここまで紹介したキャラでもわかるとおり、今回は性別によるランキングの差が非常に大きく出た。女性と男性の意見が一致したのは、総合2位の【ルパン三世】と、総合3位の【ドラえもん】だった。

 世代別による違いも大きく、20代は頼りがいがある/夢を叶えてくれる【ドラえもん】、30代は行動力で回りを引っ張る【両津勘吉】、40代は現実味のある【島耕作】が、それぞれ1位となっている。

(07年1月25日〜1月29日、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の、20代、30代、40代の、登録属性で「会社員(事務系/技術系/その他)、公務員、経営者・役員、契約社員・派遣社員の方」、男女各150人、合計900人にインターネット調査したもの)




オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

 を検索