アニメ&ゲーム カテゴリ

スーツは「2〜3着を着回す」が41.0%

■ランキング表はこちら

 ビジネスパーソンがオフィスで身につける“制服”といえば、スーツというのが一般的だろう。スーツの魅力は比較的TPOを選ばないこと。女性も男性も、スーツを着ていればたいていのビジネスシーンに対応できる。では、一体みんなは何着ぐらい持っているのだろうか。ORICON STYLEがリサーチしてみた。

 結果を見ると、男女ともに【2〜3着】と答えた方がもっとも多い。全体では41.0%の方が「2〜3着を着回している」と答えている。今回のリサーチでは圧倒的な数値となった。性別や世代による違いが出てくるのは、【2〜3着】以外の回答率だ。まず、性別の違いから見てみよう。

 女性に比べると、男性の方が所有しているスーツの平均数は高いようだ。今回のリサーチで【4〜5着】以上と回答した人の割合が、すべて男性の方が高いことをみてもわかる。
 ただし例外は【16着以上】。男性0.9%に対し女性2.9%と、数値は低いものの女性の方がやや高く、30代女性4.0%、40代女性4.7%と、スーツに対するこだわりが感じられる結果となった。

 また世代による違いは、「年齢を重ねるほど、持っている数が多くなる」という一般的な感覚を裏付けるリサーチ結果となった。女性も男性も、この傾向は同じ。必要に応じて使い分けるために買い増した結果、持っている数が多くなったと言えるだろう。

 男性のみを対象に、同時に実施した「持っているネクタイの本数」のリサーチ結果も、同じような傾向になった。年齢が上がるのに比例して、手持ちネクタイの本数は増えていく。こちらも、必要に応じた使い分けが強いられた結果の増加といえるだろう。特に40代男性は【21本以上】が28.7%と、4人に1人は21本以上を所有するという結果となった。

(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の、20代社会人、30代、40代の男女、各150人、合計900人にインターネット調査したもの)




オリコントピックス