• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 次長課長・河本、幼なじみオダギリジョーをCMで応援!

次長課長・河本、幼なじみオダギリジョーをCMで応援!

 今まさに飛ぶ鳥を落とす勢いをみせるふたり、オダギリジョーと香椎由宇が主演を務める注目の映画『パビリオン山椒魚』。その9月16日からの全国公開を前に、9月11日からオンエアされるテレビスポットCMのナレーション収録が行われた。そのナレーション出演の大役に抜擢されたのは、オダギリジョーと小学校時代の同級生である次長課長の河本準一。幼なじみ同士の最強タッグがひと足先に映画を盛り上げる。

 オダギリと河本は、岡山県のとある小学校の同級生。同じ学校に通っていたというだけではなく、3年生の時に同じクラスに転校してきた転校生仲間で、数ヶ月ほど早く転校していた河本がオダギリの案内役となり、クールであまりはしゃぐタイプではなかったオダギリとその逆の河本は、本当に仲のよい同級生だったようだ(河本いわく「ぼくは当時のオダギリの恩人。モテの座は彼に奪われたけど…」)。

 そんなふたりが芸能界で19年ぶりに再会を果し、今回のオダギリ主演映画への河本のCMナレーション出演が実現した。河本は「CMの「サイコー」というセリフは、彼の本当の姿を知っているぼくだからいえるんです」。そして、期待されるオダギリとの共演については、「今は、彼が監督でぼくが出演する映画は製作中ですが、そのうち、ぼくと彼の子供のころからをぜひ映画にしてほしいですね」と語る。

 オダギリジョーが監督を務め、河本準一が主演する映画『さくらな人たち』は現在製作中で2007年完成予定だ。 

オリコントピックス