アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • KAT-TUN、篠原涼子ら『24時間テレビ』で“絆”を訴える!

KAT-TUN、篠原涼子ら『24時間テレビ』で“絆”を訴える!

 今年で29回目を迎える夏恒例の日本テレビ『24時間テレビ29 愛は地球を救う』(8月26日(土)午後6時30分スタート)の記者会見が7月13日(木)、東京・汐留の日本テレビ本社で行われた。

 今年のテーマは、昨今の凶悪事件などを背景に“今、人として大切にして欲しいものを思い出してもらう”ということで『絆〜今、私たちにできること〜』に設定。まずは、同局のバラエティ番組として人気を博した『天才たけしの元気が出るテレビ!』の名企画、『制服対抗ダンス甲子園』を復活。さらに、視覚障害者による社交ダンス選手権や、ハンディキャップを持った人がチャンレジする野球への情熱や想いをメインパーソナリティーのKAT-TUNらが、参加者と絆を深めながら全力で応援する。
 また、番組中に着用するTシャツは、中丸雄一がノート1冊分の原案を書き、スタジオジブリとコラボレーション。2種類(黄色、黄緑色)のインパクトのあるキャラクターがデザインされ完成した。

 会見で亀梨和也は「本番までは、メンバー個々でロケに行く機会が多いのですが、武道館の雰囲気を早く味わいたい。今、自ら貯金をしているので、当日は持っていきますよ!」と笑顔で挨拶。また、田中聖も「この番組を挑戦することによって、番組だけでなくグループとしても絆を深めて行きたいです」と抱負を語った。
 一方、チャリティパーソナリティーの篠原涼子は「自分が小さい頃から観ていて、感動させられた番組に出演できて嬉しいです。これを機会に、普段皆さんが忘れがちな“感謝”することや、周りがいて自分が存在しているということを思い出してもらえれば・・・」と自ら成長するきっかけとなった思い入れのある番組に、敬意を表しながら話した。

 また、番組パーソナリティーとして、くりぃむしちゅーと共に参加する久本雅美は、中丸がデザインしたTシャツを見ながら「彼に抱かれているような気分。さらに、メンバーとも深い絆を結んでいきたい!」とテーマと引っかけたトークで、会場を沸かせていた。

 なお、総合司会はこれまで全ての回で出演している徳光和夫と、日本テレビの西尾由佳理アナが担当。注目のマラソンランナーは今後発表される予定だ。

オリコントピックス