日本レコード協会が13日、『第38回 日本ゴールドディスク大賞』の受賞作品・アーティストを発表し、King & Princeがベストアルバム『Mr.5』で「アルバム・オブ・ザ・イヤー(邦楽)」を、12枚目シングル「Life goes on/We are young」で「シングル・オブ・ザ・イヤー(邦楽)」を受賞。計6冠に輝いた。 昨年1年間に発売されたシングルで最も正味売上枚数(総出荷数から返品数を差し引いた売上枚数)が多かった作品に贈られる「アルバム・オブ・ザ・イヤー(邦楽)」に輝いたのは、King & Prince初のベストアルバム『Mr.5』。デビュー曲「シンデレラガール」から12thシングル「Life goes on/We are young」までの全シングル表題曲16曲と新曲1曲を収録した今作で、同賞を初受賞した。 「シングル・オブ・ザ・イヤー」に輝いたのは、メンバーの永瀬廉出演ドラマ『夕暮れに、手をつなぐ』のエンディング曲「Life goes on」と、岸優太主演ドラマ『すきすきワンワン!』の主題歌「We are young」のダブルA面シングル。同賞は2年連続での受賞となった。 King & Princeはこのほか、『Mr.5』と『ピース』が「ベスト5アルバム」(邦楽)を、「Life goes on/We are young」が「ベスト5シングル」を、ライブ映像作品『King & Prince First DOME TOUR 2022 〜Mr.〜』が「ベスト3ミュージック・ビデオ」を受賞し、計6冠を獲得した。

この記事の画像

  • 「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」「シングル・オブ・ザ・イヤー」など6冠に輝いたKing & Prince
  • アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)を受賞したSnow Man=『第38回日本ゴールドディスク大賞』
  • アーティスト・オブ・ザ・イヤー(洋楽)を受賞したザ・ビートルズ=『第38回日本ゴールドディスク大賞』
  • ベスト・エイジアン・アーティストを受賞したSEVENTEEN=『第38回日本ゴールドディスク大賞』
  • ベスト・演歌/歌謡曲・アーティストを受賞した氷川きよし=『第38回日本ゴールドディスク大賞』
  • ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)/ベスト5ニュー・アーティストを受賞したTravis Japan=『第38回日本ゴールドディスク大賞』
  • ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(洋楽)/ベスト3ニュー・アーティスト(洋楽)を受賞したミイナ・オカベ=『第38回日本ゴールドディスク大賞』

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

メニューを閉じる

 を検索