コロナ禍での制限の数々を乗り切り、昨年、3年ぶりにNHKホールで有観客での開催を実現させた『NHK紅白歌合戦』。新型コロナの感染症法上の位置づけが5類に移行した今年は、コール&レスポンスや大人数による応援合戦など、これまで以上に「生放送」「有観客」ならではの盛り上がりが期待されている。今年のテーマは、“ボーダレス-超えてつながる大みそか-”。「注目は出場歌手44組」と胸を張る制作統括の大塚信広氏に、テーマに込めた思いや意気込みを聞いた。■出場歌手44組を若者から高齢者まで興味を引く形でプレゼンしたい

この記事の画像

  • 『第74回NHK紅白歌合戦』キービジュアル
  • NHKチーフ・プロデューサー 大塚信広氏
  • 『第74回NHK紅白歌合戦』テーマロゴ
  • NHK紅白の初司会を務める有吉弘行(ありよしひろいき)
  • 昨年に続き2回目の司会となる橋本環奈(はしもとかんな)
  • NHK紅白の司会を務めるのは初となる浜辺美波(はまべみなみ)
  • 司会を務めるNHKの高瀬耕造(たかせこうぞう)アナウンサー

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

メニューを閉じる

 を検索