• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
ORICON NEWS

佐藤隆太、観客参加型の演劇にこだわり「絶対に否定しない」 唯一無二の体験を約束

 俳優の佐藤隆太(43)が10日、池袋・東京芸術劇場シアターイーストで行われた舞台『エブリ・ブリリアント・シング〜ありとあらゆるステキなこと〜』公開ゲネプロ後囲み取材に登場した。

観客参加型の演劇へのこだわりを明かした佐藤隆太 (C)ORICON NewS inc.

観客参加型の演劇へのこだわりを明かした佐藤隆太 (C)ORICON NewS inc.

写真ページを見る

【写真】その他の写真を見る


 同作は、2013年にイギリスで幕をあけ、翌年には演劇祭の最高峰の一つであるエディンバラ国際演劇祭に参加し、3年連続して同演劇祭で上演されるという快挙を成し遂げた。登場人物は一人のみで、開演前から出演者が観客に話しかけたり、番号の付いた小さなカードを渡したりしてコミュニケーションをとりながら、観客が全員着席すると、キャストが自分の子ども時代の話を語り始める。

 取り囲む観客を「自分が語る物語」に引き込むという難役で、2020年以来の再演となる佐藤は、「ほかでは味わえないようなミラクルが起こりえる作品。1時間ちょっとのお芝居が終わるとへろへろになったりするんですが、ほかでは味わえないような面白さを感じましたし、この作品に出会えてよかったと心から思いますし、今回が終わっても、ライフワークとして続けていきたいと思える、宝物のような作品」と思いを語った。

舞台『エブリ・ブリリアント・シング〜ありとあらゆるステキなこと〜』公開ゲネプロ後囲み取材に登場した佐藤隆太 (C)ORICON NewS inc.

舞台『エブリ・ブリリアント・シング〜ありとあらゆるステキなこと〜』公開ゲネプロ後囲み取材に登場した佐藤隆太 (C)ORICON NewS inc.

写真ページを見る

 開演前に佐藤が観客にカードを配り、書いてある番号を呼ばれたら、受け取った人がそこに書かれている言葉を読み上げることで、キャストと共に物語をつむぐという世界でも珍しい演劇体験となる。

 佐藤は、決め事として「絶対に否定しない。お客さんがどんなリアクションをとってもすべてが正解」だといい、アドリブも求められることに「すごく緊張するけど、それもひっくるめて楽しんでいきたい。大変だけど、毎回新鮮な気持ちで飽きずにできる」と声を弾ませた。

 最後には「参加を強制することはない」と前置きしたうえで、「参加型の芝居ではありますが、ぜひ構えずにリラックスしてきていただければと思います。ほかでは味わえない唯一の観劇体験をお約束します」とアピールした。

 同会場で11日〜27日に行われる東京公演を皮切りに、豊橋、富山、水戸、いわき、北九州、熊本、高知、大阪、名古屋、松本の計11都市にて上演する。

ORICON NEWS 動画視聴ページTOP
YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

関連写真

  • 観客参加型の演劇へのこだわりを明かした佐藤隆太 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『エブリ・ブリリアント・シング〜ありとあらゆるステキなこと〜』公開ゲネプロ後囲み取材に登場した佐藤隆太 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『エブリ・ブリリアント・シング〜ありとあらゆるステキなこと〜』公開ゲネプロ後囲み取材に登場した佐藤隆太 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

 を検索