氷川きよし、年内での活動休止を発表「自分を見つめなおし、リフレッシュする時間を」

 歌手の氷川きよし(44)の所属事務所・長良プロダクションは21日、氷川が今年12月31日をもって歌手活動を休止することを発表した。

氷川きよし photo:厚地健太郎(C)oricon ME inc.

氷川きよし photo:厚地健太郎(C)oricon ME inc.

写真ページを見る

 サイトでは「この度、氷川きよしは2022年12月31日をもちまして一旦歌手活動をお休みさせていただくことをご報告申し上げます」と報告。「これまで氷川きよしを22年間応援してくださったファンの皆様、ご支援くださった関係者の皆様に心より感謝申し上げます」と伝えた。

 2000年2月2日にシングル「箱根八里の半次郎」でデビューして以来、22年間歌い続け、走り続けてきた氷川。「ここで一旦お休みをいただき、自分を見つめなおし、リフレッシュする時間をつくりたいという本人の意向を尊重しこの様な決断に至りました」と説明し「お休みの期限は特に定めておりませんが、お休みに入るまで約1年ございます。コンサートツアー、6月からの劇場公演等で皆様にお会いできるのを楽しみにしております」とコメントしている。

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索