• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)

若者ほど“テレビ好き”調査で判明 過半数がスマホで視聴する傾向に

 博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所(本社:東京都港区、所長:島野真)は、15歳から69歳を対象に「テレビ番組視聴意識調査」を実施(インターネット調査 1175サンプル 5月26日〜6月2日)。若者ほど「テレビ番組」が「とても好き」で、令和のテレビっ子は、テレビ受像機だけでなく、過半数がスマホを利用し、自由に楽しむことがわかった。

【写真】その他の写真を見る


 「テレビ番組」への好意度を5段階(「とても好き」「やや好き」「どちらともいえない」「あまり好きではない」「まったく好きではない」)で聴取したところ、「とても好き」の割合が「10−20代」で33.9%、「30−40代」は23.9%、「50−60代」は27.2%となった。

 テレビ番組の視聴機器を聴取(複数回答)したところ、10−20代で、最も多いのは「テレビ受像機」(63.7%)だが、上の年代に比べると低く、「スマートフォン」は54.6%と過半数。そのほか「パソコン」(21.1%)、「タブレット」(16.3%)など、さまざまな機器で視聴していることがわかる。また、10−20代がテレビ番組の視聴に「最もよく利用する機器」は「テレビ受像機」で53.6%、次いで「スマートフォン」が34.7%となった。

 50−60代はテレビ番組を見る方法が「リアルタイム放送」(80.1%)と「ビデオ録画」(57.9%)に集中している。一方、10−20代は「リアルタイムのテレビ放送」が67.1%と最も多いが、「無料動画」(44.4%)、「見逃し配信サービス」(37.2%)、「有料動画配信サービス」(37.0%)も、ほかの年代に比べて多く、多様な方法で視聴していることが判明した。

関連写真

  • 若者ほど“テレビ好き”調査で判明 過半数がスマホで視聴する傾向に
  • テレビ番組好意度(博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所の「テレビ番組視聴意識調査」より)
  • テレビ番組視聴機器(博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所の「テレビ番組視聴意識調査」より)
  • テレビ番組視聴方法(博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所の「テレビ番組視聴意識調査」より)

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

ワンクリック投票

あなたの注目コスプレはどっち?
ワンクリック投票に参加する

 を検索